リオで撮影された動画ですが、

いずれもハンパじゃなくやばいですね。

 

 

普通に人がたくさん行きかっている交差点や街中でも、

平気で色々なものがひったくられていきます。

スポンサーリンク

 

しかも、周りの人は割と無視しています。

自分の身は自分で守らないとダメってことですね。

しかし、この動画を見ていると色々なことを考えてしまいます。

 

 

 

交差点でおじさんのネックレスをいきなり引きちぎろうとしている少年がいます。

この少年は一体なぜこんなことをしないといけなくなってしまったんだろう?

 

また横断歩道で、

少年が歩行者の物を盗もうとしてぶん殴られて逃げています。

ぶん殴ったやつグッジョブ!泥棒なんざやっちまえ~と思う反面、

やはり何故こんな行為に及んだのか、その環境が知りたいと思ってしまいます。

盗む方も、金があればわざわざリスクの高い盗みなんてやらないはず。

そうせざるを得ないブラジル社会が悪い、

とはいえ仕方のないことなんでしょう。

スポンサーリンク

 

 

まあいずれにしても、スラム街に近寄らなきゃ大丈夫とかって呑気なこと言ってたらヤバイ!

ということです。街中でも歩いていたら、

普通に物を盗まれるかもしれませんよ。

この動画見てたら分かると思いますが。。。

 

 

 

狙われやすいのは特にiPhoneだそうですよ。

現地価格だと50万円はする貴重なものだそうで。

 

スラム街に来てやったぜ~~iPhoneで写真とるぜ~~パシャ!パシャ!

おっギャング見っけ!早速ツイッターにうpるぜ~~ウェーイ

なんてナメくさった行動をとった日には即刻でギャングにiPhoneとられますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

 

あと、ものを取られたり金品をとられた場合は、

素直にすぐ出さないとヤバイとお触れが出ているので、

すぐ出しましょう。

犯人の顔を覚えようとしたり、

まじまじと見つめないこと。

口封じに投されかねません。

 

 

 

ですから、リオを歩くときの対策としては、

出来るだけたくさんの財布にわずかな金を入れて、

ギャングにやられるたんびに財布ごと渡すっていう手ですね。

持ち歩くものは全て盗まれていいものにしておきましょう。

服も、ユニクロやしまむらで安いものを買っていきましょう。

 

 

 

財布もブランドものを持っていくなど論外。

100均のマジックテープバリバリ財布が最強です。

これに、わずかなお金をいれて持っていくようにしましょう。

 

 

 

そしてファベーラというリオ市内に1000か所以上点在するスラムには近づかない!

 

まぁ以上でしょうか。特に女性は気を付けてくださいね。

何ももっていなくても女性という時点でヤバイです。

男装するか、不細工な化粧をしてから出歩くようにしましょう。

 

スポンサーリンク