ON 以上犯罪捜査官

 

画像引用元 http://www.ktv.jp/on/index.html

 

4話のあらすじ

moto
引用:http://www.ktv.jp/on/story/04.html

ネタバレ

永山は最初の犠牲者のストーカーだったようだ。永山が都夜に惚れたため、それを利用して都夜が起こした事件をいたらしい。

都夜はもともとモデル、頭のおかしいストーカーに硫酸をかけられてモデルを諦めた経緯あり。

都夜に隠れて藤堂ははさみを使って縄を解く。そして、都夜に対しても、「殺人のスイッチが入った瞬間は?」と恐怖を感じず真顔で聞く藤堂に、都夜がキレて襲い掛かる。しかし、藤堂もかばんから自分の護身用のナイフを取り出す。ナイフを取り出した藤堂は、都夜をじっと見つめる。(もしかして藤堂は都夜を殺してしまおうとした?)

そこで東海林たちが到着して建物に押し入る。藤堂はとっさに自分のナイフを隠す。そして都夜は確保される。

 

都夜は拘置所で供述する。「あの藤堂って女は何?あの女は私のことを・・・(殺そうとした?)」

 

現場で東海林は、藤堂が現場で持っていたナイフはなんだったんだ?と疑問に思う。不自然に飛び散った血痕、それは藤堂が都夜に切りつけたものだ。

 

 

 

そしておなじみの夢の中にうつるのだが、少女時代の藤堂が「まだ人を投してないの?」と物騒な質問をオトナの藤堂に問う物騒な質問も。藤堂の父は母に、離婚する際に「あの子は化物だ。いつかかならず人を投す」と言っていた。

 

藤堂の目が覚める。横には中島が。「藤堂さんが使っていたナイフは僕が誰にも気づかれないように隠しておきました」と。藤堂は「あのまま東海林たちが来なかったら、私は都夜を・・・」という。中島は「それは意味の無い仮定です」と答えた。

 

藤堂が退院して出勤すると、中島と藤堂が付き合っている噂が流れているが必死で否定する。

中島と藤堂は、いつものメイド喫茶?的なレストランで食事を個室で行う。そこで中島は藤堂に好意があるという。中島は「犯人や容疑者は怪物といわれるが、人は怪物じゃない。みんな人間なんだ。藤堂も、怪物なんかじゃない」と持論を展開し、藤堂は嬉しいです、と無表情で答える。

 

メイド喫茶の帰り際に雨のつかみ取りがあったのだが、そこで掴んだ飴を中島が落とす。中島は女子高生と飴の死体がフラッシュバックし、吐き戻し、藤堂は驚く。

 

 

帰った藤堂は、テレビを見ると、殺人犯が猟奇自殺が撮影された映像が流れていた。テレビにはコメンテーターとして早坂(中島の上司の院長)が移っており、「殺人犯が自殺する・・・そういう症状があれば、それは神の裁きなんじゃないか。犯罪の抑止力になるんじゃないか」となんだか怪しいコメントをしていた。

 

テレビに届いた自殺のビデオとともに手紙が届いていた。「スイッチは誰にでも存在する。これを好評しない者は断罪する。スイッチを押すものより」といtった内容が書かれていた。

 

 

中島は早坂院長と話す。

早坂院長「もう状況は次の段階にきているんだよ、中島君。あとは網を広げていくだけだ」

(早坂院長超怪しい~~~!!)

 

 

捜査は、「スイッチを押すもの犯人と猟奇自殺を引き起こした犯人を追え」というような内容に。

しかし、世論は「自業自得だ」と、猟奇自殺を肯定する方向になってしまっていた。

 

自殺した5人とも、早坂クリニック受信暦あり。また、5年前の女子高生殺人事件についても第一発見者が中島保であることが判明。

 

中島がクリニックでひとり呟いた。「神の裁き、か。いずれ僕にも・・・」

 

捜査中に、緊急連絡が入る。また殺人が発生した模様。現場に行ってみると、5年前の女子高生事件と同じ用意飴が口につめられ、包み紙が散らばっている状態だった。

 

4話はきっとこうなる!私のあらすじ予想

都夜に藤堂がとらえられたところで3話が終わっていますが、藤堂はもちろん恐怖を感じていないわけなんですよね。きっと、そのことに都夜は驚きつつも、藤堂を切り刻もうとしたところで、東海林達が入り込んで都夜を取り押さえ、事件はひとまず一件落着・・・というところでしょうか。

 

 

予告では、藤堂が「私は人を投してしまうのでしょうか?」と言っていますが、この辺の藤堂と中島のやりとりがさらに掘り下げられるのかなと思います。

 

肝心のハヤサカメンタルクリニック院長の早坂、この人めっちゃ怪しいですよね・・・中島も捜査に協力してはいますが、けっこー怪しいにおいがぷんぷんします。早坂は4話でテレビ出演しますが、「神の裁き」と呼んでいるあたりはなんだかデスノートと似ていますね。

 

 

このハヤサカメンタルクリニックの院長が、脳に腫瘍を作らせるクスリか何か作ってんじゃないですかぁ?と勘繰りたくなりますね。私はそこんとこ、原作を読んでないので分からないのですが今後の展開が楽しみです。

 

そして、4話では厚田がついに自殺を誘発している人物を調べろ、と指示を出しますので、このハヤサカメンタルクリニックにつながるなんらかの証拠や関係が浮かび上がってくるのではないでしょうか?

 

この一連の自殺事件の犯人探しは何話まで謎が続くのでしょうか?結構この事件を1話から引っ張っているので、これは最終話まで残る事件なのかどうか。

 

 

そして、藤堂のサイコパス傾向ですね。これがこのドラマのメイントピックになるでしょう。藤堂は一体殺人犯のきっかけとなるスイッチを知って、どうしたいのでしょうか?そもそも何でそんなことを知りたくなってしまったのか?その辺の要因が、鮫島や大友の事件とともに明らかになってくるものと思われます。

 

感想

今回、藤堂がはっきりと、「私は人を投すかもしれない」とか「怪物」といった言葉出てきました。この藤堂の性質が今後どんなふうに発露されていくのでしょうか・?

 

すごく気になりますね!!また、中島はかなり優しそうな好青年ですけど、ヤバイ過去がありそうだし、早坂院長なんかもはや怪しさの塊以外の何者でもありませんねwwww

 

なんやねん、「神の裁き」って。科学者の言うことちゃうわ~~。

まぁ、早坂院長があの症状を引き起こしていることはかなり雰囲気的に明確になりつつありますね。

来週はどんな展開になるのでしょうか?