IQ246~華麗なる事件簿~の1話、

注目された織田裕二の演技ですが、

個人的には結構よかったと思います。

 

 

さすがプロだけあって、

見事になりきってましたね。

 

 

 

あと、番組の予告がなんと、

1話の犯人の名前になっていたのは

素直にすごいと思いましたし、

 

 

ヒロインの奏子が殺される身代わりになって

首絞められたのは、

扱いがひどすぎて声を出して笑いました。

ギャグもなかなかよかったです。

 

では、あらすじいきますね。

スポンサーリンク

IQ246の1話あらすじ

20161016-104907

画像引用元 http://www.tbs.co.jp/

奏子、法門寺家へ

法門寺家の警護を任されることとなった、奏子。

 

 

奏子(土屋太鳳)「すごい家・・・ここかな」

 

賢正「よろしくお願いします」

 

 

奏子「(うわっ!超イケメン!)あなたがしゃらくさんですか?」

 

 

賢正「いえ、私は執事です。しゃらくさんはいませんでしたか?」

 

どこにもしゃらくはいない。

 

 

 

しゃらくは、タクシーで勝手に抜け出して、

警察の現場検証のところに行ってた。

 

 

しゃらく「ん?事件かな?ここでおりよう」

 

 

タクシー「はい、2万円ね」

 

しゃらく「ご苦労(下車)」

 

 

タクシー「えっ!?ちょっ!泥棒!!」

 

 

警察の現場に勝手に入るしゃらく。

 

 

しゃらく「ふむ、この被害者の死亡時刻は。。。志望理由は。。。」

 

 

今市種子&山田次郎「!?」

 

超的確な推理をして驚く警察二人。

しかし、しゃらくはタクシーの金2万円を、

払わなかったので逮捕される。

しかし、警視総監命令ですぐに釈放。

 

 

警視総監は賢正の父親、賢丈に電話。

 

警視総監「頼むよ、現場を混乱させないでくれ」

賢丈「そのために警察のお目付け役を派遣したんだろ」

 

 

どうやら、奏子はしゃらくが現場に勝手に出て、

警察の邪魔を防ぐお目付け役のようだ。

 

 

早乙女がもめている

ある日、CMディレクターの早乙女は、

部下の小宮ともめる。

 

 

小宮「私の作品を早乙女さん名義で出さないで」

 

早乙女「まぁ、いいじゃないか」

 

小宮「あなたの作品は全部私が作ったものだとバラすわよ」

 

 

早乙女「勘弁してくれ、このとおりだ」

 

小宮「イ・ヤ・よ。」

 

早乙女は、

小宮の首を絞めて殺害してしまった。。。

 

 

早乙女は、小宮の作品を自分作と偽って、

今度のファッション会社の社長、桜庭

会社のCMのプレゼンに行くようだ。

 

 

桜庭家へ行く法門寺

ファッション社の社長、桜庭家の奥様は、

しゃらくのことが好きな模様。

めっちゃ嫌そうなしゃらく。

 

 

桜庭「しゃらくさん、おねが~い!

宮島の行方を捜して欲しいの。」

 

しゃらく「あなたの人使いが荒すぎて、

やめて失踪したんでしょ」

 

桜庭「あたしあの人のタコ寿司がないと、

生きていけないの」

 

 

しゃらく「生きていけない?

おお、それはよかった^^」

 

めちゃくちゃ言うしゃらくだが、

結局桜庭家に行くことに。

 

 

桜庭家で宮島の包丁を見るしゃらく。

 

しゃらく「この包丁・・・先が欠けてますね。

砥石は100万はする石。失踪ではないですね。

これは何者かに殺されてます」

 

 

桜庭家に出入りするものは、

花屋を始め数人がいる。

しゃらく「全員金に困っている。

これは全員容疑者ですねぇ」

この中に犯人がいそうだ。

 

 

 

CMプレゼン中に事件

桜庭家では、

早乙女が桜庭ウェアの、

CMを何種類か用意しており、

プレゼンをする。

 

早乙女「どれがいいでしょうか」

桜庭「どれも、すばらしいCMね!」

しゃらく「どれもおなじじゃないですか」

 

 

プレゼン後、早乙女の携帯が鳴る。

早乙女「えっ!本当ですか!?」

早乙女「すいません、事務所に強盗が入ったようで。

部下が殺されたみたいです」

 

 

パーティ会場を抜ける早乙女。

怪しむしゃらく。

 

 

しゃらくの推理

しゃらくは、事件のあった、

早乙女の事務所へ。

 

しゃらく「早乙女さん、あなたパーティの時、

携帯を気にしてましたね。

殺される時間が分かっているかのようだった。

犯人は、わざと警備員に見つかるタイミングだった。

被害者のロッカーからは指紋がまったく見つからなかった。

おかしいですねぇ」

 

 

 

早乙女「ぐ、、、偶然でしょう!!」

 

 

逃げる早乙女。しかし、しゃらくはどんどん、

証拠を集めていく。

 

 

 

特に決め手になったのが、

早乙女の事務所に入った強盗の、

足跡から採取された花粉だった。

 

 

その花粉は、

桜庭家に出入りする花屋にしか、

売っていない花だった。

 

 

 

 

宮島を殺したのは、

桜庭家出入りの花屋。動機は金。

殺害現場を目撃した、早乙女が、

花屋に脅しをかけて、

早乙女の殺人を手伝わせた。

 

 

これが事件の全貌であると、

しゃらくは判断。

スポンサーリンク

 

そして、早乙女が、

桜庭ウェアのCMの発表会に、

口封じに花屋の草井を殺すと予想した。

 

 

酷過ぎる奏子の扱いww

桜庭ウェアの発表会。

早乙女はステージを暗転させ、

桜庭が作ったCMと桜庭社の

イメージ映像を流す。

 

 

早乙女は暗くなった会場を抜け出し、

顔が分からないように変装して、

花をいじる草井のもとへロープを持って行き、

草井のクビを縛る。

 

 

 

草井「ぐっううう・・・(ガクッ」

 

 

賢正「何をしているのです!!!」

 

 

早乙女「!!!(逃げ出す」

 

 

賢正「待ちなさい!!!(といいつつも追いかけるふりだけ」

 

 

 

早乙女は、映像が終わるまでに会場に着き、

プレゼンをはじめる。

 

早乙女「以上が弊社のCMとなります!」

 

しゃらく「ちょっと待ってください」

 

早乙女「あなたは呼んでいないはずですが。」

 

 

しゃらく「あなたさっき、草井さん殺そうとしたでしょ」

 

早乙女「はぁ!?」

 

 

そこに、早乙女がさっきクビを縛って、

殺害したはずの草井が現れる!!

その横には、

めちゃくちゃゼーゼー

息苦しそうな奏子がwwwww

 

 

早乙女「!!??(何で生きてるんだ!?)」

 

 

 

なんと、早乙女が殺そうとしたのは、

草井に変装した奏子で、

その様子をしゃらくと草井は隠しカメラで見ていたのだ!!

 

 

ひどい!!酷過ぎる奏子の扱いwwwwww

 

奏子「死ぬかと思いましたよ!!(マジギレ」

 

 

 

映像が、会場のスクリーンに映し出される。

 

 

そして、驚くべきことに、

事務所で早乙女に殺された小宮は、

自分の作品であるメッセージを残していた。

 

逃げる早乙女を、賢正が取り押さえて、

一件落着。。。

 

スポンサーリンク

感想

細かいところで、たくさんギャグが含まれていてよかったです。

 

あと、番組宣伝に今回の1話のメッセージが残されていたのは、

びっくりしました。しっかり作りこまれていますね。

 

 

あと、奏子の扱いひどすぎwwww

被害者の変わりに、殺人者に殺される役をやるなんて、

めっちゃひどいwww

これは爆笑しました。

 

 

来週もIQ246、楽しみですね

>>2話~毒薬を飲む沙羅駆のあらすじと感想へ

>>最終話のネタバレ予想

 

スポンサーリンク

 

関連記事

IQ246~華麗なる事件簿~の全話のあらすじ、ネタバレと感想

IQ246~華麗なる事件簿~の最終回のネタバレ、考察

IQ246~華麗なる事件簿~のキャストと相関図!

IQ246のロケ地は?

IQ246~華麗なる事件簿~の主題歌がヤバイ!?発売日は?

IQ246の衣装がすごすぎる件。どこで手に入る?