主人公・遠山金志郎(以下・金さん)・・・玉木宏(北町署にキャリア署長として赴任)

【北町署】
南洋二・・・高嶋政宏(刑事課係長。現場の叩き上げ、高卒のノンキャリア、エリートが嫌い。金さんを敵視する。)
相川美里・・・瀧本美織(新人刑事、金さんに感化され、勇気付けられて成長する。)
半田順二・・・柳沢慎吾(副署長)
松本秀樹・・・白洲迅(刑事)
元山照夫・・・半海一晃(刑事)
水口琢朗・・・ 平山祐介(刑事)
花岡市太郎・・・勝矢(刑事)

【第2話ゲスト】
大鳥敦彦(飯田基祐)・・・弁護士
大鳥真理恵(霧島れいか)・・・敦彦の妻
大鳥友樹(松浦理仁)・・・敦彦と真理恵の子供


【警視庁】 
長下部晋介・・・近藤正臣(警視庁警務部長)

【南家】
南恵・・・駒井蓮(南の娘)
南みどり・・・田中美奈子(南の妻)

【町の住人】
加納 理香・・・知花くらら(金さんや相川が通うヨガ教室のインストラクター)

スポンサーリンク

「この桜に誓って、悪事は見逃しません。」 平成版・遠山の金さん・遠山金志郎(玉木宏)。 遠山金志郎は、北町署に配属されたキャリア(エリート)の若き署長。 北町奉行・遠山の金さんばりに、現場に出て捜査して解決していくヒーロー。 あらすじ、感想、次回の予想です。 初回は、北町署の刑事たちはキャリアらしからぬ金志郎に戸惑い、反発しますが、 新人刑事の相川は金さんに感化されてからを破って成長していました。 今回は第2話目です。DVの問題を金さんが「桜に誓って」解決です。 初回と同様に2つの事件を同時に追っていくようです。 初回は落書きと強盗。 今回は、DVと殺人。 一見、軽視しがちな小さな事件と、警察が血眼になって追う大きな事件。 これを両方解決しちゃう!っていうのが今後の金さんのやり方になりそうです。 金さんが発案により、市民の子供たちを集めた「北町署内ちびっこ見学会」が行われました。 手錠を見て、「これでオオカミ男を捕まえられる?」と訊く少年が1人いました。 少年は、大鳥友樹くん(松浦理仁)は、金さんと南(髙嶋政宏)を手錠でつないでしまいます!(え〜っ!) 鍵は友樹くんが持っていて、「警察が悪いオオカミ男を捕まえてくれるなら、鍵を返そう」と思っていた。 「オオカミ男」とは穏やかでない言葉ですね。 私は、友樹くんのお父さんが、お母さんにDVをしている「オオカミ男」なのかなって思いました。 金さんと南から、「鍵、返して〜!」と詰め寄られた友樹くんは・・・・!? な、な、何と、手錠の鍵を飲み込んでしまいました!!あ〜あ・・・ 鍵は飲み込んだ友樹くんの体から自然に出てくるのを待つしかなく、金さんと南はしばらく手錠で繋がったままになります。 この展開、昔、ショムニっていうフジテレビのドラマでもあったのを思い出しました。 ショムニでも、犬猿の仲の2人が手錠で繋がれてしまって、アタフタする話でした。 そんな中、「女性の悲鳴が聞こえた」という通報に目をとめる金さん。 通報者は、北町署の刑事たちの間では有名な「通報おばさん」で、「ゴキブリが出た」「宅配が遅い」などくだらない理由でも通報してくる女性。 「そんな人の通報を問題にすることはない」と刑事たちは言いますが、 聞く耳を持つ金さんではなく(笑)通報おばさんを署に呼んで話を聞きます。 通報おばさんは、悲鳴は隣家の大鳥家(友樹くんの家)から聞こえてきたと言います。 相川は、鍵を飲み込んだ友樹くんの母・真理恵(霧島れいか)に会い、真理恵が夫からDVを受けているのではないかと疑います。 DVが、警察からしたら「小さな事件」だとしたら、もう一つ警察にとって「大きな事件」を南たちは追っていました。 「地元の汐月駅前のマンションで会社社長の愛人が殺害された事件」です。 南は、社長の弁護士を務める友樹くんの父親・敦彦(飯田基祐)から証言を得ようとしていました。 愛人殺害の容疑を社長にかけており、友樹くんの父親から、社長のアリバイを崩す重要な証言を得たいと思っています。 南は「いま大鳥ともめ事を起こすわけにはいかない」と言い、 民事不介入の原則からも、被害届も出ていないDVには警察は手出しができないとも言います。 金さんは「相川さんはどうしてあげたいですか?」と問いかけ、 相川は真理恵の自宅を訪れてこう訊きます。 ただの夫婦ゲンカではなく夫からの一方的な暴力を受けているのではないか? 本当は助けを求めて「北町署内ちびっこ見学会」に来てくれたのではないですか? そこに夫の敦彦が早めに帰宅。ムムム、かなりあやしいです・・・!!! DVの話はできなくなり相川は退散せざるを得ません。 相川は真理恵に被害届を出すよう促しますが、真理恵の答えは 「(私と夫には)積み重ねたものがあるんです。(敦彦は)私の夫でもあり、友樹の父親でもあるんです。 警察に人の一生は背負えないでしょ」 ううーん確かに愛し合って結婚したんだろうし、友樹くんのことや経済的に自立してないことなど、簡単には割り切れないんでしょう。 暴力を受けているのにそれに適応しようとするのは、本当に切ないです。 警察も被害届が出されない限り動けないのももどかしい。

スポンサーリンク

その頃、北町署では・・・ 汐月駅前で喧嘩していた2人の男を補導して署内では揉めています。 1人は歩きスマホをしていた男、もう1人はその男に肩をぶつけて暴行した男。 歩きスマホ男は、ポケモンGOのようにキャラを見つけるゲームをしていたと主張していますが、 そのゲームを自身もやっている金さんは「おかしいですね、汐月駅前にはキャラがいないはずですよ」 金さん「スマホ見せてください」 南「鬼の形相でスマホ男を睨む」 2人の連携プレーでスマホ男はおとなしくスマホを渡します。 ゲームをしていたのではなく、女性の盗撮してました 「あっ、ゲームをするふりして、こんなものゲットしちゃダメですね!」 金さん、さらに暴行男に「わざと肩をぶつけたんじゃなくて何か目的があったんじゃないですか?その膨らみが2つ・・・」 南「鬼の形相で暴行男を睨む」 またしても、金さんと南の見事な連携プレー。 暴行男はぶつかった振りをして財布をスっていたんです。 金さんの洞察力と南の威圧感のコンビネーションが見事でしたー!ぱちぱちぱち。 このまま手錠で繋がっていた方が検挙率が上がるんじゃないですか〜、なんて刑事たちにイジられる2人。 その日・・・ 南の自宅で金さんの歓迎会が催されていました。手錠で繋がれたままの金さんと南、南も同席せざるを得ません。 この歓迎会、南は全く知らなかった、というか蚊帳の外だったよう。 南の妻・みどり(田中美奈子)が企画し、 南の娘・恵(駒井蓮)やヨガ教室のインストラクター・理香(知花くらら)や、相川が招かれていました。 南の仲間はずれ感がすごくておかしいやら哀れやら・・・(笑) 家庭では妻と娘に相手にされてない南。ああ切ない。 娘に「うちのお父さんは、頭だけでなく体も硬くて。先生お願いしますよー」と言われちゃう南。 理香のヨガ教室に2話ラストでは入る羽目になっていました。 手錠があるからカニが食べられない南に、金さんがカニを「あーん」してあげてて、可愛かったです(笑) 相川は、真理恵のことが気になって仕方がなく、過去の事件の失敗のことも金さんに打ち明け、相談します。 金さんは、カニのハサミをおもちゃのように動かして相川を笑わせ、こう言いました。 「その笑顔のままでいいんですよ。 自分の心が決めた正義を信じてください。」 うーん金さん、いいこと言うなあ〜!こういう上司って素敵だわ。しかも若くてイケメン。 惚れてまうやろ〜。

スポンサーリンク

歓迎会から戻ったのでしょうか?まだ手錠で繋がれている金さんと南は夜の北署に来ます。 休みもなくよく働きますね、北町署の警察官って・・・すごいです。 デスクに、DVについての本を読んでいる途中で寝てしまった相川がいます。 呆れ顔の南「性懲りもなくこんなことを」 金さん「新人さんが証拠りても困りますよね。組織に新しい風が吹かなくなりますから」 そうだそうだ、新人や金さんが新しい風になって良くなっていくだろうと思います。 そこに長下部警視監(近藤正臣)が現れました。金さんを北町署に送り込んだのは長下部警視監のようです。 長下部警視監と南は過去に合同捜査で一緒に仕事したことがあり面識があるそうで、3人で腹を割って話すことになりました。 忌憚ない意見を言う3人。 南「上に立つ人間としての自覚を持ってもらわないと困る。俺たちノンキャリは上の指示に従わざるを得ないんだ。あんたらキャリアの判断ミスで殺されることもある。」 南は、過去に上司が殺された一件のことを思い出しているようです。 金さん「だったら、上下関係もミスもなくせばいい」 2人はやっぱり平行線。 長下部「(金さんは)こういう奴なんだよ。可愛がってやってよ」と南に言います。 長下部は、金さんに足りない部分も、経験豊富な南なら補ってやれると信頼して、金さんを南に預けるつもりで北町署によこしたのかなあ。って気がします。 次の日、敦彦から相川にクレームが入りました。 「証拠もないのにDVの被害届を妻に出させようとした。北町署を名誉毀損で訴えてもいい。殺人事件の証言に協力もしない」 というまずい事態です。 その頃、友樹くんの飲み込んだ手錠の鍵がやっと出て来て、相川が鍵を取りに行きます。 友樹くんの元気がなく、相川は様子が気になります。 相川が鍵を届けに北町署に戻ると、南に問い詰められます。 「被害届を出すように真理恵さんに勧めたそうだな?」 北町署を訴えるとまで言われ、副署長(柳沢慎吾)も 「署長、DVの捜査から手を引いてください。」と言います。 南は金さんに「現場が積み重ねて努力してきた殺人事件の証言を得られなくなった。あんたは署長失格だ」と責めます。 そこに、通報おばさんから「昨晩、大鳥家から騒音があった」と通報があります。 金さんと南を繋いでいる鍵を、相川が持っています。 金さんに鍵を渡せば、DVの捜査をしに行ってしまう。それを止めたい南は、「鍵を渡せ、俺が預かる」と相川に詰め寄ります。 金さんに渡してDVの捜査を進めるのか?「救えない後悔だけはしたくない」 南に渡して現場の追いかけて来た殺人事件を優先するのか?「殺人犯の逮捕がかかってんだぞ」 相川、どっちを選ぶの? 相川、南を押さえ込んで金さんに鍵を渡します「救う道を選びたいんです」 金さんに言われたように「自分の信じた正義を信じる」ことが相川にもできるようになったのが嬉しい。 それと、あのガタイのいい南をねじ伏せる相川さん、本当に武闘派でたくましいです。 金さん、相川、2人で真理恵さんのところに行くと真理恵さんが殴られて倒れています。 夫はいなく、この後に及んでもただの夫婦ゲンカだと言う真理恵さんは 「友樹が病院からいなくなったと連絡があった。」と言います。 相川が真理恵さんを保護して署に連れて行き、金さんは友樹くんを探しに行きます。 金さんは友樹くんを探し出し、「お母さんを守ろうとして偉かったね」と褒めます。 真理恵さんは、友樹くんをこわがらせない為に「お父さんは普段は優しいんだけど時々オオカミ男になるだけなんだよ」と言っていました。 しかし、友樹くんは泣いているお母さんを見て「オオカミ男(お父さん)を捕まえなきゃ!」と思っていたのです。 また北町署では新事実が。あのスマホ盗撮男のスマホに、殺人事件の証拠が載っていたんです。 盗撮男が盗撮した中に、殺人事件の被害者である女性も入っていて、 彼女が殺される直前に盗撮男に撮られており、そこに容疑者の社長と、敦彦が写り込んでいました。 盗撮男は、犯行があった汐月駅付近で盗撮しており、「犯行時刻、社長が東京にいた」というアリバイが嘘であったとわかりました。 南たちは敦彦の証言がなくとも殺人事件の容疑者を逮捕することができたんです。 盗聴男のスマホの写真をチェックするよう指示をしたのは金さんなので、またしても金さんのお手柄ということです。 南は「今回はたまたまだ」と金さんを認めたわけではないようですが。 というわけで、敦彦の証言がなくとも殺人事件が解決してしまい、警察は敦彦に気を遣う必要がなくなりました。 相川は真理恵さんに被害届を出すよう説得し、真理恵さんも敦彦に「あれは夫婦ゲンカではなく、一方的な暴力でした。被害届も出します」と宣言します。 絶体絶命、自暴自棄になった敦彦「あれは、妻を躾けているだけだ!俺が食わせてやっているんだ。妻を躾けて何が悪い!」と本音が飛び出します。 金さん「見逃せないねえ」とポツリ。 その発言、法廷でもできますか? 金さんの手には敦彦の問題発言がバッチリ録音されたICレコーダーが。 慌てた敦彦、こんな若造じゃ話にならない、署長を出せ、署長を!と騒ぎ出したところで・・・ ジャーン!!! 「私が署長の遠山金志郎です。この桜に誓って、悪事を見逃しません」 ここで敦彦が、尻もちをついて腰を抜かしたところで、一件落着。毎回このパターンになるんでしょうね(笑)コミカルで面白いです。 次回は、遺産争族に関する殺人事件のようですね。容疑者の女性は冤罪なのか、それとも・・・ これまでのパターンだと、大きな事件と、小さな事件2つを同時解決ですが、第3話もそうなるのでしょうか。 また「見逃せないねえ」からの〜 「この桜に誓って、悪事を見逃しません」 犯人が尻もちをつく(笑)が見れそうですね。 このパターンかなり気に入りました。とても楽しみです。 南もヨガに通うようになり、ヨガ教室の人口がどんどん増えていくのも面白そうですね。イケメンで女性にモテモテ(南の娘さんも「結婚してください」とか言ってたし)の金さん。 個人的には相川と結ばれて欲しいんですが・・・恋愛要素はあまりなさそうな気もします。  ここまで読んでくださり、ありがとうございました! 最終話が気になる方はこちらから ⇒最終話の予想とネタバレ 続きの話はこちらから >>キャリア3話、金さんイケメンすぎ <<キャリア1話、イジメから守れ!

スポンサーリンク

関連記事

キャリアの全話のネタバレと感想!

キャリアのキャストと相関図!

キャリアの最終回ネタバレと感想

元祖遠山の金さん(遠山金四郎)の決めゼリフ、名台詞まとめ

キャリアのロケ地情報まとめ

キャリアの衣装情報まとめ