レディダヴィンチ2話ですが、

 

さんざん診断を重ねたあげく、

原因がただのカリウム不足、マグネシウム不足という、

かなり単純な症状だったようで、

なかなか医療の現場も難しいんだなぁ・・・

と実感した二話でした。

 

※1話のあらすじを確認したい方はこちら

<<1話 志帆、超変な奴

 

スポンサーリンク

ダヴィンチの診断2話のあらすじ

レディダヴィンチの診断

引用 元http://www.ktv.jp/

 

朝、夢の中で、志帆は幻覚を見る。

 

 

 

救急隊「頭部を強打しています。

バイタルは?意識レベルは?」

 

運ばれる志帆。。。

 

 

そこで志帆の目が覚めた。

 
朝、テレビをつけると、

競泳の南野が写っていた。

志帆「東京五輪、見たいわねぇ」

 

 

 

~~~南野はプールで泳いでいる

レディダヴィンチの診断

引用 元http://www.ktv.jp/
潮崎コーチ「な~にちんたら泳いでるんだよ。」

南野「うるせえな。俺なりの調整があるんだよ。」

 

 

コーチと南野のやり取りの途中、岩倉がやってくる。
岩倉「お世話になります、岩倉です。見たことあるでしょ?

テレビ番組のレギュラーも持ってるから」

 

 

南野の担当ドクターは、岩倉のようだ。

南野は、前の病院でALSと診断され、

それが信じられず、東光大病院に、

セカンドオピニオンを求めていた。
岩倉「症状は?」

南野「最近からだが思うように動かないんだ。」

 

 

~~病院に帰る岩倉。

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

 

村上「前の病院では、清水先生と言う医者が、

ALS診断しているようです。

筋肉質の人は、ALSは発症時に分からないですから。」

 
岩倉「症状を見る限り、やっぱりALSみたいね。

このままじゃオリンピックどころじゃないのでは?」

 
志帆「じゃああたし、南野さん見てきます。」

 
岩倉「南野が指名したのは、私なんだから、

橘は外来でも見ておきなさい」

 

 

といいつつ、志帆は南野の元へ。

南野「ALSなんて信じないから。」

 

志帆「じゃ、ALS以外の可能性を探ればいいわけね」

 

 

南野「あぁ、よろしく。」

 

 

 

~~南野を取り巻く環境を見に行く志帆達、プールへ。

レディダヴィンチの診断

引用 元http://www.ktv.jp/

潮崎コーチ「あなたたちは?」
志帆「南野選手をちょっと検査しに来たんですよ」

 

 

しかし、南野はいない。

 

 

潮崎「南野は実家に帰ったみたいで。。。

南野の健康状態は全部チェックしてますよ。」

 

 

 

潮崎は、すべて、選手の記録を細かくとっていた。

それを、写メとって残す。

 

 

 

潮崎「あいつ、実は繊細で優しいんですよ。」
志帆(繊細?ストレスが原因かな・・・)

 

南野のコーチ、潮崎から、

南野の体に探りを入れる志帆であった。

 

 

~~北畠と新田が話している

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

新田「橘さんをどうして、解析診断部に?

橘さんも、私と同じように組織を追い出された人?」

 

 

北畠「解析診断部に最適な人材だからですよ。

もちろん、あなたも」

 

新田「私は本当は心臓外科に戻りたいんです。ここじゃオペもできない。」

 

北畠「これからも活躍、期待してますよ」

去る北畠。

 

 

そこに心臓外科医の高杉がやってくる、。

 

高杉「新田、君を必ず、心臓外科に戻してやるからな」

 

 

新田は、もともと心臓外科の天才的な医者だ。

しかし、どうやら組織に追い出されてしまったみたい。

 

 

心臓外科の高杉は、新田の元同僚で、

新田に戻ってきて欲しい、

と考えているようだった。

 

 

 

~~ある日、南野が病室からいなくなる

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

病院は大騒ぎ!

だが、志帆と新田は場所が分かっていた。

 

 

南野は屋上でトレーニングをしていた。

志帆「こんなとこでトレーニング?

病院中、あなたがいなくなって大事よ」

 

 

南野「これが俺のルーティンなんだよ。

泳ぐのが仕事なんだよ。誰にも邪魔させねぇ」

 

志帆「じゃあ、あなたも私達の仕事の邪魔しないでよ」

 

南野「うっせぇな!はいはい、分かったよ!!」

 

 

志帆「ちょっとそこ座って。」

 

ひざ頭をたたいて、反射を見る志帆。

反射がなかった。

 

 

志帆「ALSだと、過剰反射があるはずなのに・・・」

ALSじゃないと判断する志帆と新田。

ALSだと、過剰反応があるようだ。

 

 

~~~田丸と南野が話す。

田丸「私あなたの気持ち分かります。

私、両親がいなくて、施設で育ちました。

だから寂しい気持ちも分かります。

私、医者になるのが夢だったんです。

夢をかなえた今も、ずっと走り続けるしかなくて、

大変で。。。」

 

南野も、幼い頃から母親のみの片親で、

寂しい気持ちで生きてきた。

母親のためにどうしてもメダルを取る、

と言う強い夢を持っている。

 

 

 

南野「同情なんか、いらねぇよ。

・・・でもお前、夢叶えたんだな。」

 

 

田丸と南野は、少し分かり合えた。

 

 

~~~検査室にて

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

志帆「反射がないから、ALSじゃないですよ」

 

 

岩倉「髄液検査も全部やったけど異常なし。ALSよ。

反射検査のやりかたがおかしいんじゃない?」

 

 

岩倉が反射検査をすると、

何と、反応が出た!!

驚く志帆。

 

志帆「そんな、、、あたしの時は反応がなかったのに。」

 

岩倉「やっぱりALSで確定ね。」
南野「ふざけんな!!もういいよ!!!」
怒って病院を抜け出す南野。
しかし、突然転ぶ南野。
南野「なんだよこれ・・・体が動かねぇ」

 

 

周りの人たちが、倒れている南野を見て

「これ競泳の南野じゃねぇ!?」

写メでとりまくる。

 

 

 

何とそれが、SNSで拡散して、

マスコミに取り上げられて、

大事になる。
北畠「テレビでスゴイ盛り上がりですねぇ。

これ、成功すれば、大成功だけど、

失敗すれば、病院の評判ががたおちですね」

 

 

 

~~~志帆は、プールで南野のタイムを見ている。

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

 

志帆「試合翌日に、極端にタイムが落ちている。

練習熱心な南野が、試合翌日だからといって、

手を抜くとは考えにくい。

・・・タイムってどれくらいばらつくのかしら。」
志帆「田丸、クロール10本泳いで。」

 

 

 

田丸「はぁ!!??何であたしが!!!!」
といいつつもいつものように従う田丸。

 

田丸のタイムを見て、

志帆は納得する。

南野の、試合翌日のタイムの落ちは、

やはり異常だと。
志帆「潮崎さん、南野さんは過去に怪我をした経験は?」
潮崎「リオの選考の前に、自転車で転んで、

左手と、頭を怪我したよ。」
志帆「過去の怪我か・・・」

 

 

~~翌日、岩倉のカンファレンス後に、突然南野の病状が悪化する!!!

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/
南野「ぐあああ!!助けてくれ、田丸先生!!」

横にいた田丸は驚く!!!!

 

 

南野から血尿が出て、

血中CKが上がる。

苦しむ南野・・・!

 

 

 

 

~~~その晩志帆は考える。

いろいろと材料はそろっている。。。

なのに繋がらない。

・・・何か、間違った材料が入っている?

 

 

~~~翌朝、また南野に発作が
田丸「目が覚めました?」
南野「まだ生きてたか。直るのか?俺は・・・

東京五輪で、メダルとれなきゃ意味ねえんだよ!!」
南野「うぅ!!!」
また南野を発作が襲う!!!

 

 

 

~~ALSの診断をした前の病院にいく志帆

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

志帆「何か血液検査のとき、

検体の取り違いなど、してないですか?」

 

 

担当者「検体を調査するとき、担当が入れ替わっていたので、

血液採取から、検査まで時間がかかっていたようです。」

 

~~~病院に戻った志帆は納得する

 

 

志帆「低カリウム血症ね。」

 

 

前の病院の血液検査データをずっと用いていたが、

どうやら、前の病院の血液検査は、

担当者入れ替えで測定までに時間がかかったせいで、

本当は低く出るはずの血中カリウム値が、

正常値に収まってしまったようだ。

 

 

 

結局、原因は利尿薬を大量に服用したせいで、

尿がカリウムを流してしまい、

カリウムが不足していたのだった。

スポンサーリンク

志帆「カリウムを摂取すれば、元の元気な体に戻るわ。」

 

 

志帆の反射検査をしたときは、運動直後で、

カリウム不足だから反射がなく、

岩倉の検査のときは、

食事後でカリウムが足りていたから、

反射があったのだ・・・。

 

志帆「でも、ひとつ問題が残っているわ」

 

岩倉「利尿薬を何故使ったのかって話ね」
利尿薬は、ドーピングを隠蔽するためのものだtった。

 

試合翌日のタイムが落ちたのも、

翌日、ドーピングをやめたからだ。
~~志帆は、南野の元へ行く。

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

南野「あぁ!こんにちは!!

おかげさまで元気ですよ!!!

これなら、メダルとれます!!」

 

 

志帆「ええ、見事に泳ぎきるでしょうね。

ただし、三途の川を・・・だけど。」

 

 

南野「えっ・・・?」

 

 

ドーピングの証拠を突きつける志帆。

 

志帆「ドーピングで、もうあなたの体はボロボロよ。

メダルを取るか、死ぬか、選びなさい。」

 

 

南野「それでも、俺はメダルをとってお袋を喜ばせてやるんだ!」

 

 

志帆「あのね、私も母親だから分かるけど、

親にとっては子供が金メダルなのよ。

死んだら、お母さん悲しむわよ」

涙を流しながら、訴える志帆。

 

 

南野「・・・。」

 

 

 

 

~~~翌日、テレビで南野の引退会見が。

レディダヴィンチの診断

引用元 http://www.ktv.jp/

南野「私は、記録を残したいために、ドーピングをしました。

絶対にドーピングはやってはいけません。

申し訳ありませんでした、引退します。」

 

 

志帆「これで、良かったのよ。

彼なら、きっともう一度、再起してくるわ」

 

 

~~~ある日、志帆は幻覚を見る。

 

院内のカフェにいた志帆だが、

横にはずぶ濡れの男が立っている。
ずぶ濡れの男「本当にこれでよかったのかね?

あの水泳選手、再起できると思うか?

お前と関わった人間は、みんな不幸になる。」

 

 

志帆「あれでよかったのよ!!」

 

幻覚の男と話す志帆は、

傍から見たら、

誰もいないのに独り言をしているように見える。

新田は志帆が何もないところにキレて話しかけているのを目撃し、

怪訝な顔をしていた。

 

スポンサーリンク

感想

今回は、志帆の幻覚が1話よりも詳細になってきました。

 

志帆の幻覚は、何かの事故現場の模様ですね。

そして、志帆はその事故で大怪我(頭にも怪我)

をして、しまtった。

 

 

それ以降、幻覚が見えるようになった。

 

 

一体、幻覚の正体は?

隠された過去とは何なのでしょうね?

 

続きはこちら

>>3話 女子高生ヤバすぎだろ…

 

最終回が気になる方はこちら

>>最終話のネタバレ予想

 

 

スポンサーリンク

 

ダヴィンチの診断2話のネタバレと感想、あらすじ予想

davinti

画像引用元 http://www.ktv.jp/

こちらの記事は、放映後に更新します。

ダヴィンチの診断の1話では主人公の志帆の、

手術中に見た幻覚、北畠とのやりとり、

岩倉との対決について放映されました。

スポンサーリンク

 

 

 

第二話では、さらに、岩倉や佐々木との対立、

北畠との師弟関係、橘の天才っぷりが表現されるでしょう。

そして、岩倉もただの高い地位や名誉、お金が欲しくて、

橘を邪魔に思っているのではなく、

岩倉もまた橘と似たところがあり、

人間臭い一面も垣間見えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

また、このドラマは医療ミステリーですので、

ドラマの放映回を追うごとに、

ミステリーが解き明かされていきます。

2話では1話よりも、もう少し橘の封印された過去が

明らかになってくるのではないでしょうか。

 

 

 

また、院内の様子だけではなく、

外の様子もどんどん明らかになっていくでしょう。

病院には、MRである宮部がやってきます。

彼が田丸に対して恋心を抱き、

ちょっとずつアプローチする様子も

2話ででてくると思います。

 

 

 

やっぱり、医療だけだったら、めっちゃドラマが

かたっくるしいですもんね!

恋愛要素があったりして、

ちょっとコミカルなストーリーもほしいです。

宮部が女医である田丸にどんなアプローチを仕掛けていくのか、

その恋は実るのか??

楽しみですね。

 

 

視聴率は?

視聴率は10%と予測します!

1話の視聴率にもよりますが・・・

また、分かりましたら更新します。

 

⇒ 3話のあらすじと感想

 

管理人みるきい管理人みるきい

ダヴィンチの2話、宮部の恋愛に期待(笑

当ブログではあなたのコメントを大歓迎しています!

是非コメントをつけていってくださいね♪

 

 

 

 

スポンサーリンク