砂の塔の小説版をネタバレします!犯人は?黄色いカーネーションは?についてお伝えします。

砂の塔の小説をネタバレ

sunanoto

 

砂の塔の小説が手元に届きましたので、

読破しました。ネタバレを、ここにまとめます。

ひとまず、砂の塔の上巻までの流れをパッとまとめますね。

スポンサーリンク

 

 

 

 

亜紀は、一度タワーマンションのボス母、

下層の階の人々を馬鹿にする寛子に対して、

亜紀「ほんとにそうでしょうか。下層階だからってバカにするのはおかしい」

という趣旨の発言をしたせいで、寛子に目をつけられてしまいます。

 

 

 

それから、寛子は本当にしつこく、

亜紀をいじめるようになります。

ハロウィンパーティーの幹事を主宰させたり、

出産する母親がいると分かれば、

そのお祝いパーティーを全て亜紀に押し付けたり。

 

 

 

 

とにかく、面倒ごとを全て亜紀に振ります。

そんな中、助けてくれるのが弓子。

弓子は亜紀の悩みを聞き、

面倒ごとを引き受けてくれて、

かなり亜紀の助けになります。

スポンサーリンク

 

 

しかし、ある日、

何と亜紀と生方が一緒にいる写真が、

タワーマンションのグループラインで流れてしまいます。

そして、亜紀と生方が隣の家同士だった、

幼馴染ということもバレてしまいます。

 

 

 

生方は、タワーマンションの母親軍団にとっては、

スター的存在。そんな事実が流れてしまうと、

母親軍団の嫉妬の的になります。

特に、ボスである最上階の寛子の怒りはすさまじい。

 

 

寛子「あの女、バカにしやがって・・・許せない」

寛子はとにかく亜紀に対してあの手この手で、

嫌がらせを始めます。

 

 

一方、亜紀の夫の健一も苦境に立たされます。

健一の上司の猪瀬が、

猪瀬「高野くん、業績不振だから、今月中に200万売上ノルマね。

その手付の10万でもいい。未達なら大阪へ飛ばすから」

 

 

200万というのは、超難しい数字・・・!

しかも達成できないと、せっかく買ったタワーマンションから

離れてしまうハメに。

スポンサーリンク

 

焦る健一ですが、なんとラッキーなことに、

同じタワーマンションの最上階に住む寛子の夫の阿相武文に、

タワー屋上で出会います。

 

 

 

阿相武文は、超有望な業界注目のベンチャー企業の社長。

健一は、阿相に是非わが社のケータリング、

200万円分を発注させてほしいと自分の境遇を説明し、

頼み込みます。

阿相は200万の契約をOKします。

 

 

 

阿相「ただし、条件がある。私は実は浮気していてね。そのアリバイ工作を手伝ってほしい。」

健一は、阿相のアリバイ工作を手伝います。

しかしそれだけでなく、阿相にキャバクラにつき合わされ、出張につき合わされ、

かなり散々な面倒にあってしまいます。

 

 

しかし、健一の上司の猪瀬は、

健一が阿相というデカイ客を捕まえたことに大喜び。

健一は、阿相に振り回されて苦労する日々なのでした。

 

 

 

 

亜紀は、寛子に色々と振られた仕事のせいで、

家でパーティの支度やらなんやらで大忙し。

健一は、阿相のおつきで忙しく、

ストレスフルな日々。

 

 

健一は、亜紀に

健一「お前はいいな、そんな遊びばっかりして」

亜紀「私の気持ちも知らないくせに!」

健一「頼むから阿相の奥さんと仲良くしてくれ。何で近所づきあいもまともに出来ないんだ」

亜紀「簡単に出来たら苦労しないわよ!!」

段々と険悪な感じになっていきます。

 

 

 

長くなるので、ページを分けます。

⇒ 砂の塔の上巻のネタバレその2へ

 

スポンサーリンク

 

※以下は小説到着前の予想記事です。

小説(書籍版)の砂の塔 ネタバレ予想

 

こちらは予測記事になります。

小説が手元に届き次第更新します。

 

 

砂の塔の小説版(上)のネタバレです。

まず、小説版の公式ページの説明です。

憧れのタワーマンションに引っ越した平凡な主婦・亜紀は、フラワーアレンジメ ントを教える隣人・弓子と出会う。
セレブ妻の奇妙なルールに振り回され、疲弊する亜紀は優しい弓子に励まされる。
同じ頃、警察を嘲笑う様に続く失踪事件の現場にはなぜか一輪の花……その不気味な符号の真相とは!?
一方、亜紀と再会した幼なじみの航平は秘密の過去を語り始める!

引用元:https://ishop.tbs.co.jp

 

この物語の重要なところは、やはり連続誘拐事件と、

佐々木弓子がどうかかわっているのか?

そして、生方航平の過去の秘密とは何なのか?

事件現場におかれた黄色いカーネーションの意味は?

というところですよね!

 

 

 

 

カーネーションは母の日にプレゼントする花です。

この誘拐殺人事件は、

だめな母親の子供がターゲットとなっていることから、

明らかにダメ母親に対して憎しむ者の犯行。

 

 

 

そこで、

カーネーションの花言葉に注目してみました。

カーネーションは色によって花言葉が変わるのですが、

黄色いカーネーションはネガティブな花言葉が多いようです。

 

    黄色いカーネーションの花言葉

 

  • 「軽蔑」
  • 「美」
  • 「嫉妬」
  • 「愛情の揺らぎ」
  • 「友情」

 

犯人は、ダメな母親に対して許せない気持ちをもった人物です。

この花言葉のうち、「軽蔑」「愛情の揺らぎ」

という花言葉が該当すると思います。

 

 

 

ダメな母親に対して犯人は軽蔑している。

ダメな母親は、自分の子供に対して虚栄心ばかりが先立ち、

愛情が揺らいでいる(お前の愛情はくるってるんだよ!と

犯人が叫んでいるのが聞こえてきそうです)

 

 

 

 

ということですね。

そして犯人ですが、

佐々木弓子と生方航平が共謀

してこの連続誘拐を行っているのではないかと考えています。

 

 

 

佐々木弓子はダメな母親が許せない。

生方航平は、過去に親に虐待された経験があり、

同じ境遇の子供を助けたい。

体操教室のコーチをする中で、

親に傷つけられている子供を見つけ、

その子供たちを佐々木弓子が誘拐(保護)した。

と考えます。

 

 

 

では、その誘拐された子供たちはどうなったのか?

が気になるところですが、

全員生きていると思います。

どこかで保護されている可能性が高いです。

犯人は子供を不憫に思って、ダメ母親から保護をした。

だから、殺したり危害を加えるとは思いません。

 

 

 

誘拐中、恵まれた環境で、

安心して子供たちは過ごしているでしょう。

そして、犯人が捕まり、誘拐犯から母親の元に子供たちは帰りますが、

子供たちが「帰りたくない!」と拒否し、

ダメな母親たちは、目を覚ます・・・というストーリー展開と想像します。

ただ、どこにどうやって保護されているか、はすいません、

ちょっと想像がつかないですね。

 

 

 

佐々木弓子は子供がいないのですが、

それは作らないのではなくて作れない体質。

こんなに子どもが欲しいのに作れない!

だから黄色いカーネーションの花言葉「嫉妬」

も表しているのかなと辻褄も合いますよね。

そして、子供がいるのに傷つけるダメな母親が許せない!

と予想してみます。

 

 

 

また、実際に小説が手元に届き次第、

ネタバレを書きますね!

 

管理人みるきい管理人みるきい

砂の塔は3年間かけて緻密に編んだプロットらしいので、

とても楽しみにしています。

当ブログではあなたのコメントを大歓迎しています!

是非あなたの感想や予想のコメントを残していきましょう♪

 

⇒ 砂の塔をもっと楽しみたい方はコチラを今すぐクリック!

砂の塔の全話の感想とネタバレ、最終話予想、

衣装やロケ地情報などを収録しています!!