メディカルチーム・レディ・ダ・ヴィンチの診断の3話のあらすじと感想、視聴率についてお伝えします。

ネタバレと感想

davinti3

画像引用元  http://www.ktv.jp/

 

⇒ 3話のあらすじと感想はコチラ!!

※放映後更新

 

予告を見て思ったこと

3話では、今時の女子高生にありがちな、

うわべだけで、影では何かあるみたいな

交友関係が描かれるそうですよ。

うわ~出た出た。怖ぇ~~って感じですね。

スポンサーリンク

では、現時点で発表されている情報を見てみましょう。

 

10月25日(火)よる9時放送の第3話ゲストに、ドラマやCMなどで話題の久保田紗友さんと唐田えりかさんの出演が決定しました!2人が演じるのは、ハロウィンパーティーで盛り上がる仲良し女子高生役。
女子高生仲良し6人組が、パーティー直後に次々と倒れ、救急搬送され、ただ一人症状が出なかった朋美(唐田えりか)。疑惑の目が向けられる中、志帆(吉田 羊)は友情の裏に隠された微かな歪に気付いて……!?
といったストーリーとなっています。

 

う~ん、パッと見は、ただ一人症状が出なかった朋美が犯人で、

動機は「実は仲が悪くて憎んでいた」

みたいなように見えますが、、、

 

やっぱあらすじでここまで書いてある以上、

そう単純ではなさそうな気がしますね。

ただ一人倒れなかった朋美が毒を盛ったのは間違いなさそうですが、

その動機は、僕は6人組の中でも仲がいい人がいて、

その人がイジメられていた。許せなかったから毒を盛った・・・とか?

スポンサーリンク

 

 

それか、もしかしたら犯人も自分に毒を盛って、

朋美だけ毒を盛らずに罪をなすりすけようとした・・・とか!?

そこまでいくとヤバイですね。

でも、男目線からすると、

女子高生って怖いですからねぇ。

そこまでやっちゃうのかもしれません。

 

 

そして、なんかこの風刺画を思い出しましたw

男は本人がいたらけなし合うが、その人がいない時は褒める。

女は本人がいたら褒めるが、その人がいない時はけなす。

husi

この風刺画シリーズって面白いですよね。

スポンサーリンク

さて、役者さんのコメントについて思ったことです。

davinti

画像引用元  http://www.ktv.jp/

久保田紗友さんのコメント

普段は同世代の子と同じ現場が少ないんです。今回は、その同世代の子たちと仲良しグループを演じるんですが、いつもはそういう輪から外れている孤立している役が多かったので(笑)、すごく楽しみながらやらせて頂きました。カギとなるのは“人間関係”。悪気はないけど女子高生でよくあるうわべだけで、見えないところでは影がある。その中に親友という絆もあって、複雑だけど、女子ならば誰もが体験しているであろうといったことなどをぜひ見ていただきたいです!

う~む、女の子って色々複雑なんだなぁ。

きっと悪気はないのでしょうね。

やっぱ周りと合わせるっていうのは大事ですからね。

 

 

 

でも、集団になるとブレーキがかからずに行き過ぎてしまう。

結果、行き過ぎた同調圧力になって、

同調するものがなくなったら誰かを攻撃して、

同調を無理にでも得ようとする。

って感じなのかな?

 

『女子ならば誰でも体験しているであろうこと』

楽しみながら見させていただこうと思います!

 

唐田えりかさんのコメント

お話を頂いたときは、素直に嬉しかったです。紗友とは親友の役なんですが、CMなどで見て知っていたので、初対面の時から気軽に話せたし、共演できてうれしかったです。同世代の子が多いので、撮影の合間とかも皆でわちゃわちゃできて楽しかったです。グループ内でのうわべだけの友情関係など、現代の女の子たちが共感できるところもきっとたくさんあるだろうなと思うので、そういうところを見てほしいです!

 

同世代の子が多いので、

撮影の合間もみんなで楽しかったそうですが、

その中にもまた女子高生特有の・・・

みたいなのがなければいいんですがw

 

 

唐田さんも、「うわべだけの付き合い」みたいな、

現代の女の子たちが共感できるところもたくさんある~

とおっしゃっています。

 

 

第3話は現代の女子の交友関係について楽しめそうですね!

以上、第3話の予想と感想でした!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク