べっぴんさん10話のあらすじ

べっぴんさん

画像引用元http://www.nhk.or.jp/

すみれの結婚相手は、幼馴染の何考えてるか良く分からない紀夫だった・・・!

 

ゆり「え、あの何考えてるかよく分からん紀夫さんなの?」

姉のゆりもびっくり!

なんだか、釈然としない様子でそのまま結納を交わすすみれ。

スポンサーリンク

 

あさのくつやにて。

20161010-230437

画像引用元http://www.nhk.or.jp/

麻田「幸せになってくださいね」

すみれ「うん・・・そうやね・・・」

薄い反応だ。

すみれ「相手が何を考えてるのか分からなくて。」

麻田「思いを出すのが下手な人もいますよ。お嬢様もそうでした。

大丈夫、奥様が見守ってくれます。私が靴を作るのはお母さんからの

お願いでした。みんなの思いをもって、幸せになるんです。」

 

 

2078935_201609240208215001474660825c

画像引用元 http://www.oricon.co.jp

そして、結婚式へ。

すみれは母が着た、形見のドレスを着る。

すみれのドレスをみて、

紀夫は照れているのか無表情で目をそらす。

すみれは恐る恐る紀夫に話しかける。

すみれ「・・・よろしくお願いします」

紀夫「堪忍してください。あの時はいいすぎました。あの・・・き・・・き・・・きれいです。」

すみれはやっと紀夫の言葉が聞けて安心した様子。

スポンサーリンク

 

結婚後の生活は、紀夫が坂東家に婿入りしたため、

家にはすみれ、紀夫、嬉代、忠次郎の4人となった。

(五十八は貴族院議員でいないので実質4人みたいなもん)

 

紀夫は、坂東家を継ぐべく、坂東営業部で働く。

 

 

2016092805

それから数ヵ月後、すみれは紀夫と二人で食事をとっています。

すみれ「私、赤ちゃんできたみたい」

紀夫は箸をとめ。無表情で硬直します。

そして、いきなりベランダにでる紀夫。

紀夫「ああああーーー!!!!」

すみれ「どうしたんですか!?」

紀夫「私は、喜んでいるのです!!」

紀夫は万遍の笑顔だ。

すみれも、それをみて喜ぶ。

 

 

 

しかし、紀夫が会社に行こうとしたところ、

なんと紀夫に召集令状が届いてしまう。

 

 

果たしてどうなってしまうのか!!?

スポンサーリンク

感想

紀夫、小さいころからずっとすみれのことが好きだったので、

素直に結婚できてよかったねって思いました。

 

あと、紀夫も何を考えているかわからなくて、

すみれはきっと不安でしたでしょうけど、

紀夫がきれいです。。と言ったり、

子供ができたらしっかり喜んでくれたりと、

紀夫はまじめないい人っていうのが、

すみれも分かってよかったです。

 

 

割と幸せそうな結婚生活ですが、

召集令状が届いてしまいました。。。

この後どうなってしまうのでしょうね。

 

では、また明日!

スポンサーリンク