いや~~今回は、まさかの星野の大活躍!!

そして復帰の話が出るという・・・

展開速くないか!?

 

 

僕はもうちょっと、給食で苦戦する星野が見たかったのですが、、、

まぁ次回以降、更なる苦戦が待っているのでしょうね。

 

復帰の話を蹴る星野にはびっくりしました。。

マジか~~~すげぇ!!と素直に思いましたね。

 

※前話のあらすじはこちら
<<1話 給食マズイ!!屈辱すぎな結果へ

 

では、2話あらすじいきます

 

スポンサーリンク

あらすじ

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

荒木「今日のメニューはやきそば、

わかめスープだ」

 

 

星野「何そのわくわくしないメニュー。

あのね、料理っていうのは、

お客様をわくわくさせないとダメなのよ」

 

 

 

荒木「何言ってんだド素人が。

三ツ星だかなんだかしらねぇけどな。

時間通りに給食作れねえ奴はいらねぇんだ。

いくぞ」

 

 

~~~一方、教室では

生徒達「私の料理は最高においしいのよ」

 

テレビのまねをする生徒達であった。

 

生徒「まずかったけどね~」

 

 

 

星野が給食を作って、

「まずい」と言われているテレビは、

いろんな人が見ていた。

とある本格フレンチの店も・・・

 

 

~~~

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

星野は、調理に入る。

 

星野「えっ!表面温度まで測るの?」

 

荒木「それが給食のルールだ」

 

 

 

 

星野「前日から仕込まないの?」

荒木「前日からは衛生上仕込んではだめなんだ。

 

それが給食のルールだ!」

 

 

 

星野「肉もっと増やして!」

荒木「ダメだ!640キロカロリー超えたらだめなんだ!

それが給食のルールだ!!」

 

 

星野「えっ!栄養素こんなに細かく決められてるの??」

荒木「それが給食のルールだ!!!」

 

 

 

星野「あの・・・」

荒木「それが給食のルールだ!!!」

荒木「それが給食のルールだ!!!」

荒木「それが給食のルールだ!!!」

星野&荒木「それが給食のルールだ!!!」

 

 

星野「もうわかったよ!!!!」

 

初めてのルールに翻弄される星野であった。

 

 

~~~星野が昔いた料理店では、、、

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

 

篠田「席を増やします。

気まぐれに料理を変更するやつはもういない。

これで利益率を上げられるぞ~~」

 

国会議員の町田が、店に来る。

町田議員「ランチも始めたんだね!!」

 

 

篠田「新しいシェフのもと、

またはじめましたので、お願いします。」

 

町田議員の夫人「神戸牛の~~はないの?

ざんねんねぇ、あれは、星野さんしかつくれないのよねえ」

 

篠田、悔しそうに「申し訳ありません。」

 

~~~新しく給食センターに調理補助が来ることになった

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

 

高山「高山晴子です、お願いします!」

 

一同「おお!!なんて美少女なんだ!!!」

 

チヤホヤされる高山。

 

高山は、星野のレストランに何度も足を運んだ女性である。

 

星野「私の料理がまずいなんて放送されるわけにいかないのよ」

 

高山「ふっ!子供は正直ですね。まずいもんはまずいですよ。」

 

なぜか、星野に攻撃的な高山。

 

星野「はぁ!?」

 

荒木「まずいもんはまずいんだよ。」

 

 

星野「子供には私のレベルは高すぎた。

ロナウドには、小学生のサッカーゴールは狭すぎるのよ」

 

荒木「小学生のサッカーでも、手使ったら反則だろうが。

うまいって言わせたきゃ、

 

ルールを守ってやれ。

 

 

 

星野「ルール・・・」

 

星野は給食のルールを確認し始める。

 

 

~~~ある日、星野は、レストランからオファーが届く。

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

金沢「実はうちのレストランのシェフを、

星野さんにお願いできないかと思って、、、」

 

 

かなり好条件の良いレストランだった!!!

星野も気に入る。

 

星野「オファー、お受けします!!」

 

担当者「あ~~・・・私は星野シェフにと思っているのですが

社長が食中毒の件で納得しなくて」

 

 

星野「どうすればいいですか??」

 

担当者「前、給食の番組やってましたよね。うちの社長はあのテレビ好きで、

あれで子供においしいと言わせたら、説得材料になると思います。」

 

星野「!!!」

 

 

 

~~~帰りながら、給食のルールを思い出す星野

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

星野「限られた時間・・・仕込みは当日・・・栄養素は・・・」

自宅で、考えながら試作料理に励む星野であった。

 

 

 

~~~テレビを見る篠田。

星野が出演するテレビを見る星野。

テレビ「まずい!!食えない!!」

その様子を満足そうに見て去る星野であった。

 

 

~~~小学校にて。

t02200344_0370057812906125918

http://ameblo.jp/daichael-jackson

ラジオ体操中、男がみんな高山に言い寄って絡む中、

 

やる気満々の星野は、
ラジオ体操でスリラーを踊っていたwwww

 

フランスのダンスの続きは、

マイケルジャクソンかよwwww

 

 

星野「今日は、最高においしいものを作ってみせる!」

 

荒木「まだそんなこと言ってるのかよ!!」

 

星野「ルールを守って作る!!」

 

 

作り方のメモをみんなに配る星野。

 

 

荒木「ダメだ!!!時間がダメだ。

給食だぞ、俺らが作るのは」

 

 

高山「おいしければ何だっていいんですか!!!」

 

星野「当然。料理人はおいしいものに妥協は許さない。」

 

 

荒木「・・・いつもどおりやるぞ~~~」

 

調理を始める一同。

 

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

 

高山は鮮やかな手つきで調理をする。

一同「おお、すげぇ、教えること何もないな」

 

 

試食をする星野。

星野「まずい」

高山「おいしいと思います。

味だけじゃなくて、

友達と食べるのがおいしいんですよ!」

 

 

~~~早紀と話す星野

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

早紀「そうなにもかも早くしようとしないで」

 

 

星野「そういうわけにはいかないの。

早くしないと次にいけないの」

 

 

 

~~~給食の人たち

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

夜、荒木が家で、調理師の一同にから揚げを振舞っている。

 

「荒木さんのから揚げはうまいよな~~」

 

「やっぱ荒木さんのは手間がかかってるからな。」

「野菜の切り方にも差がでるし」

 

「うまいものは給食とは違う」

 

「あれ、これ誰かが言ってたような・・・」

 

荒木「バカ野郎。。。」

 

一同は、知らず知らず星野と似たようなことをしゃべっていた・・・。

 

 

 

~~~星野は家で、給食のルールを思い出していた。

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

そして、星野は夜中に給食センターへ。

 

~~~荒木は学校へいく

 

生徒達「え~~今日の給食ってさんま?

最悪~~あれまずいんだよね」

荒木は、少し悲しそうだ。

 

 

そして、調理室に入る。

 

すると、

すでに、星野が来ていた。

 

 

 

星野は夜、学校に忍び込んで、

睡眠時間三時間でサンマをすべて下ごしらえしていた。

 

 

 

一同「えっ!これ324人ぶん全部一人でやったの??」

 

星野「だってやりたきゃ一人でやれっていってたじゃない!全部一人でやったわ。」

 

 

一同「この量を一人でやってたのか・・・マジか・・・・包丁も全部機械じゃなく自分で?」

 

星野「当然よ!」

 

すさまじい量の給食を作っていた星野だった。

 

そして、給食完成。時間通り。

 

星野「うん・・・おいしい!」

荒木「よし、配缶するぞ」

 

 

荒木は給食を試食する。

それを食べて絶句する・・・うまい。

 

 

~~~給食でサンマにブーイングの生徒達

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

生徒「うわ~サンマかよ・・・絶対マズイ。。。」

 

 

星野「今日のはいつものと違うわよ!

残せるものなら、残してみなさい!!」

 

 

 

生徒「おいしい!!こんなサンマ食べたことない!!!」

 

一同「おいしい!!!」

 

スポンサーリンク

~~~調理師メンバーも給食を食べる。

 

調理師メンバー「給食にこんなにおいしいって言ってる生徒を見るの、初めてだ・・・!」

 

調理師メンバー「僕らも食べます。いただきます。。。

・・・うっま!!給食ってこんなにうまくなるんですね!!」

 

 

その様子が、テレビで放映される!

テレビを見ていたのは、

今、星野をオファーしているレストランの社長だった。

 

 

社長「星野さんの料理を食べてみたいわ・・・」

 

 

~~~早紀は篠田と会う

sinoda

引用 http://www.fujitv.co.jp/

早紀「おかげさまで、素晴らしい視聴率です」

 

 

篠田「それはよかった。彼女は給食が向いてると思いますよ」

 

 

早紀「彼女、戻ってくるかもしれません。

新しいシェフをやとっている店があるんです」

 

 

篠田「・・・」

 

~~~星野は、新しいフレンチレストランの採用を受けていた

 

担当者「食材は全て用意しました。さぁ、作ってください。」

 

星野「自由に作れるって最高!!!大リーグ養成ギブスをはずすってこんな感じなのね!!」

 

 

すごく嬉しそうに作る、星野であった。

 

料理を並べる星野。

そこには星野のテレビを見ていた社長もいた。

 

社長「最高においしい!」

 

 

一同「素晴らしい、最高です。」

 

 

担当者・金沢「いいお返事ができるとお願いします。」

 

 

星野「よろしくお願いします。」

 

 

 

~~~篠田は給食で成功する星野

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

星野が、子供達においしいといわれているテレビを見た篠田。

サンドバッグを殴る!!!

 

 

~~~調理師一同

三ツ星の給食 あらすじと感想

星野は、毎日3時間睡眠で、

学校給食の下ごしらえをしていた。

 

一同「星野が一人で下ごしらえを始めてから、

残食料が激減しました。」

 

 

 

一同「なんか俺達、悪者になってね?」

 

 

調理師たちが話していると、

 

ミッシェル・ブランジョの、

担当者が来た。

 

担当者・金沢「星野さん、あなたの採用が決まりました。」

 

 

星野「あら!皆さん、大変お世話に・・・なってませんね。さようなら~」

 

 

金沢「星野さん、社長も最高においしいと言っていました」

 

 

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

金沢は、星野を校門に泊めた車へとエスコートする。

と、その時、下校中の児童が横切った。

 

 

児童「あっ、おばちゃん!今日の給食もうまかったよ。」

 

児童2「なぁ、コンビニでウマチキ買って帰ろうぜ。

あれ、最高にうまい。」

 

 

星野「ウマチキ・・・?最高にうまい・・・?」

 

星野の顔が悔しい表情に変わる。

他の児童に話しかける星野。

 

 

星野「ねぇ、今日の給食どうだった?」

 

 

児童3「おいしかったよ~」

 

児童4「うん、おいしかった。」

 

 

星野「やっぱり・・・。

何かが足りないと思ってたのよね。

・・・やっぱり辞めます。

レストランに行くのを見合わせます。」

 

 

金沢「え?何で?」

 

 

 

星野「どの児童も、『おいしい』なのよ。どうしてよ!

『最高においしい』じゃないと。『最高』が足りない!!」

 

 

 

レストラン復帰を蹴り、

給食に残る道を選んだ星野だった。

 

 

早紀「スゴイ・・・彼女、一筋縄ではいかない。本物よ・・・。」

 

スポンサーリンク

感想

今週も面白かったですね~三ツ星のシェフ。

 

っていうか、給食が美味しいって言ってもらえるのにも、

驚きましたし、

蹴るのも驚きました。

 

 

あと、何気にラジオ体操がめっちゃ面白いんですよね。

 

前回は、フランスの踊り。

今回は、星野のやる気を感じさせるスリラー

次回は、どんなラジオ体操を見せてくれるのか、楽しみですね。

 

 

 

それから、気になるのは高山の存在です。

三ツ星の給食 あらすじと感想

引用 http://www.fujitv.co.jp/

この子は、以前から星野が勤めていたレストランに行って、

断られていた子です。

 

 

何故、星野にあそこまで批判的なのか?

彼女の正体が気になるところですね。

 

 

そして、給食で1話でまずいといわれた借りを返した星野ですが。

まだまだスタンドプレーが目立ちます。

 

 

 

そもそも、一人で深夜から毎日仕込みって時点で、

何かおかしい。

 

 

普通に調理師として活躍できるようになるまでに、

高山との確執、荒木との確執、

まだ波乱万丈になりそうですね。

 

 

すでに生徒とおいしいと言わせてしまった2話ですが、

今後どうなるのでしょうか?

楽しみですね!!!!

 

>>3話 小泉孝太郎ボクシング習ってんの?

 

スポンサーリンク