青チャートの正しい使い方!

画像引用元https://www.amazon.co.jp/

こんにちは。

私は現役時代数学の偏差値70を越えて、

現在は塾の講師をしています。

 

 

そんな私がお伝えするのは青チャートの正しい使い方。

数学の青チャート。

これ一冊で、マジで基礎から応用までできるのですが、

 

 

間違った使い方をすると、

めんどい!!疲れる!!!

こんな分厚い本できるか!!!

 

ということになってしまいますので要注意!!

 

そんなわけで、今回は青チャートの間違った勉強法、正しい使い方についてお伝えします。

スポンサーリンク

では、まずは間違った使い方から・・・

間違った使い方その1 解けない問題を考える

クリックすると新しいウィンドウで開きます

画像引用元http://break-through2017.hatenablog.com

初めて見る問題を解こうと一生懸命頑張る!!

これは非常にマズイです。

何故マズイかっていうと、時間の無駄だからです。

 

 

 

見たことない問題、考えても分からない問題を考え続けると、

  • 疲れてモチベーションが下がる
  • 疲れて解答を理解しようとしない
  • 時間の無駄

この3つのデメリットがあります。

 

これ、意外と経験したことがある人が多いと思います。

難しい問題をう~~~んう~~~んと解いていて、

結局分からない!!!疲れた!!!!

 

 

もう、解答を見て理解する気力残ってないですよね。

ぱっと解答見て、あ、なるほどね~はい疲れた終了っ!!

となってしまうんですよ。。。

 

 

これは非常によくない!!!!

1分考えて解答の道筋が見えなければ、さっさと答えを見ましょう。

スポンサーリンク

間違った使い方その2 解答が理解出来ない時の対応

クリックすると新しいウィンドウで開きます

画像引用元http://usuilab.blog.fc2.com

青チャートの解答って、結構不親切です。

だから、解答を見ても理解できないことってよくあると思います。

 

 

そういうとき、理解しようと一生懸命頑張るのは間違い。
頑張っても、どうせ理解できず時間と精神力のムダ。
必ず学校の先生等に聞きましょう。

 

 

とにかく勉強で恐ろしいのは、

無駄なことにがんばって

エネルギーを消耗することです。

 

 

理解できないものを理解しようとしたって、

時間の無駄ですし、疲れるだけです。

勉強やっててわからないことがあれば、

一人で悩まず、人を頼りましょう。

 

 

間違った使い方その3 いちいち計算する

クリックすると新しいウィンドウで開きます

画像引用元http://gigazine.net/news

一々計算するのは時間の無駄です!!

計算に費やす時間より、

ひとつでも多くの解き方を暗記する時間に費やしましょう!!

 

 

えっ・・・でもそしたら、計算力が身につかないのでは??

と思うでしょう。仰るとおり、もちろん、計算力は必要です。

 

私が言いいたいのは、

解答の道筋が完全に見えてて、

解けると思った問題は一々計算するな

ということです。

 

計算をするのは、

初めて問題見る⇒解答みる⇒解答をパクって、同じように計算してみる

 

計算をする時は、このような場合にしましょう。

もうわかっている問題を一々計算するのは時間の無駄です。

スポンサーリンク

青チャートの正しい勉強法

クリックすると新しいウィンドウで開きます

画像引用元http://www.sugatareiji.com

 

青チャートの正しい勉強法ですが、

  1. 問題見る
  2. 1~2分考えても解き方が思いつかない
  3. 答えをパクりながら計算して理解する
  4. 必ず何度も復習する

 

この流れになります。

 

 

まず、問題を見ます。解き方がわかれば、答えを見て確認します。

解き方があっていれば、計算はせずに次へ。

 

解き方が間違っていれば、答えをみながら計算して理解を進めます。

※答えを見ても理解できないときは、学校で先生に聞きましょう

 

 

そして、間違った問題は必ず控えておき、

3日後くらいに必ず復習をしましょう。

 

一回だけでは、絶対絶対ずええええーーーーーったいに、

身についてません!!!!

 

 

 

復習は超重要です。

 

青チャートをすれば、100の実力が身につくとすると、

 

1回目の学習では1週間かかって身につくのは「5」程度。

2回目の復習では3日かかって身につくのが「60」程度

3回目の復習では1日かかって身につくのが「90」程度

4回目の復習では2時間かかって身につくのが「100

 

とこのようなイメージになります。

いいですか?

 

 

1回目の学習ではほぼ何も残らないと思ってください。

復習で身に着ける前提で考えましょう。

 

 

復習のやり方ですがこれは、基本的には上記の流れと同じです。

  1. 間違えた問題を見る
  2. 1~2分考えても解き方が思いつかない
  3. 解答をパクりながら計算する
  4. 控えておき、後で復習

 

 

これを繰り返すことで、もっとも楽に数学が上達します。

当ブログはコメントを歓迎しています。

是非感想を残していってくださいね♪

 

スポンサーリンク