is3

fripSideから、infinite synthesis3が発売されてしばらくたった。

infinite synthesisが発売されたのは、2010年12月

infinite synthesis2が発売されたのは、2014年9月。

そして、今回infinite synthesis2は2016年11月となる。

スポンサーリンク

 

今回は、その2年後の2016年10月の発売となった。

なんか、2年前なんだけど、無印のinfinite synthesisから2への発売は、

すごく長く感じて、おお、集大成の『2』だ!!

という感じがしたが、今回はなんだかあっという間に『3』が発売されてしまった印象があって、

infinite synthesisの名前の重さが、軽くなってしまうんじゃないか?

と不安になってしまう。

 

 

prismatic infinity carat.

ちなみに、元ボーカルのnaoことなおすんも、

1stアルバム「prismatic infinity carat」を2011/6に出しており、

その後、「prismatic infinity carat ii」を2014年12月と、

なんだかなおすんもfripSideっぽい名称のアルバムを、

同時期に発売しているという。。。

個人的には両方とも素晴らしいできだったのだが、

ここではinfinite synthesis3について語ろうと思う。

スポンサーリンク

 

 

総評

よくも悪くもこれぞfripSideという、疾走感あふれる曲が多かった。

その反面、最近どうも似たような曲が多く発表されている感が否めなかった。

 

カバー曲について

まずはみんなが気になっている、

magicarideとcrescendのカバーについて。

僕はどちらかと言えば、nao派なんだけれど、

(もちろんジョルノも大好きなのだが)

そんな僕は、crescendについては、

このアルバムが出る前からずっと、

カバーしないのかな?

と思っていた。

 

 

 

だから、今回のカバーはすごく嬉しかったのだけれど、

聞いてみると

「あれっ?」

って感じだった。

 

 

 

なんだか、歌い方が優しく、丸くなりすぎてない?

 

 

crescendといえば、もっと攻撃的で、

キレッキレのかっこいい曲のイメージがあったんだけど、

ジョルノでそれを表現するのは難しかったのだろうか。

いや、敢えて攻撃性を抑えたんだろう。

 

 

satさんは、

「昔の自分のcrescendは、攻撃的、暴力的すぎる」

とコメントしていたそうだけど、

それが良かったんだけどな~~。

スポンサーリンク

ジョルノが光属性だとしたら、naoは闇属性の歌い手。

naoは暗くて攻撃的で、キレッキレの歌唱力を持っているので、

やはり個人的にはnaoのcrescendの方が、

格好よくて、キレまくりでよかったなぁという印象。

でも、カバーしてくれて嬉しかった。

今度は逆にジョルノ曲をnaoがカバーしてくれないかな、、、

 

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

magicarideについては、やはりnaoの歌唱力には、

及ばない面があるものの、こちらはこちらでジョルノの美声が

堪能できて、よかったと思う。

ただ、最初のイントロのドラムについては、

溜めずにそのままスタートして欲しかったかな。

でも、なおすん好きにとっては、magicarideのカバーも嬉しかった。

 

 

これを期に、2期から入った人にももっとなおすんが広まれば、

いいと思う。

 

 

良かった曲は?

Answerがすごく良かった。

ジョルノの美声が半端じゃなくて、うっとりする曲だったなぁと思う。

 

fripSideが流行りだしてから結構シングルは特に、

似た曲が多くて正直飽きかけていたのだけれど、

Answerはジョルノの静かな美声がすっごくよかった。

どんどんこういう曲を出して欲しいと思う。

この曲はfripSideというよりは南條愛乃よりの曲な気がするが、

やはり最近のfripSideには珍しいタイプの曲でよかった。

Decadeのwhitebirdや、is2のseacret my heartも良かったけど、

バラードでは一番Answerが好きかも。

way to answerと何か関連があるのかな?と思ったけどどうなんだろう。

スポンサーリンク