ドクターX4の3話、

東帝大病院、セレブだけが受けられる人間ドックとか、

頭おかしいんじゃないですかね笑

露骨にブランド化しすぎだろ~

僕なら絶対こんな病院では人間ドッグ受けたくないですね笑
※前話のあらすじはこちら
<<2話 西田敏行は能年玲奈に変貌

 

では、3話あらすじいきます!

スポンサーリンク

ドクターX4の3話のあらすじと感想

1974-01-17

またも食いしん坊な大門未知子(米倉涼子)からスタート。

 

この人、食べ物の事になると子供みたいです。
あんなにいい服着てるのに、お財布の中55円しかなくって、たい焼きを買えなかった・・・・
お財布もいい財布なのに、55円って・・・財布も泣くぜ!

 

 

 

そこに財布が落ちてたので、誘惑に負けてお金をくすねちゃったのかな〜?
と思いきや、交番にちゃんと届けました。

 
財布を拾ってくれた未知子をを訪ね、須山三佐江(松下由樹)という女性が「東帝大学病院」にやって来ました。
三佐江は、せっかくだからと超VIP待遇の最高ランクの人間ドックを予約するといいます。
予約を勝手に入れた事になってしまった未知子。

 

ドクターX4のあらすじと感想

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/

「東帝大」で最高ランクの人間ドッグは超VIP待遇の3日間コースで、とてつもなく高額。
しかも、政治家のVIPの予約が既に入っており、それとバッティングしてしまってまずい状況。

 
政治家VIPも出てくるのかな?と思いましたが、今回のオペは三佐江だけでした。

 

久保副院長(泉ピン子)は、素性のよく分からない三佐江の予約を勝手に入れた未知子に激怒!
三佐江が支払いを怠る可能性も考え、未知子は後見人となって責任を取るよう命じられてしまいます。

 

 

 

未知子は困惑しながらも、外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)とともに、三佐江の病室へ。ところが、三佐江の顔を見た西園寺は思わず硬直。
彼女は、西園寺が20年前に胃潰瘍のオペを担当した患者であり、しかも元愛人だったのです。

 

 

 

ドクターX4のあらすじと感想

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/

三佐江の人間ドッグの検査結果を見て、さらに詳しい検査をする未知子。
すると、さらに驚きの事態が発生します。
検査の結果、三佐江の体内に大きな腫瘍らしき影が見つかったのです。
それは天才外科医の未知子をもってしても、開腹してみなければ正式な病名が分からない、前代未聞の大きさだった。

外科医の誰もが首をかしげる腫瘍。

 

 

晶さん(岸部一徳)、未知子の定番の銭湯シーンに、城之内先生(内田有紀)も一緒になって(もちろん晶さんは男湯よ)、
腫瘍がなんだろうか・・・?と話し合います。
未知子「私が切りたいのになあー!」

三佐江の人間ドッグの仕事ばかりでオペがしたくてもできなくてフラストレーションが溜まる未知子(趣味:手術/特技:手術)。

「医師免許がなくてもできる仕事」はしない契約で、オペが大好きな未知子ですが、

それでも、三佐江に関する仕事は「医師免許がなくてはできない仕事」なので、しっかりこなしてます。

 

スポンサーリンク

三佐江の開腹手術をしたのは、変な英語を話す「世界の北野」こと北野先生(滝藤賢一)。
開腹してみると、とんでもない事実が判明する。
大きな影の正体は、「ガーゼオーマ」。
20年前に西園寺先生が手術の際に取り残したガーゼだったんです。

 

 

とんでもない医療ミスじゃないですか!ヤバイヤバイ!
と思ったんでしょう、慌てた蛭間(西田敏行)は、インオペ(開腹したけれど処置をせずに閉じること)手術中止を命令。

 

ドクターX4のあらすじと感想

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/

「なんでー!?これ簡単に取れるでしょう。なんでインオペなのよ!」
と騒ぐ未知子は、手術室からつまみ出されてしまします。

 

 

蛭間、西園寺、南広報部長(草刈民代)らが頭を抱えているうちに、未知子は、三佐江に真実を告げてしまった!
蛭間らは、医療ミスがバレることの方が一大事で、患者の身の安全のこと全く考えていませんね。

 

 

三佐江「それで、どうするの?」
未知子「手術して取ります」
ふふっと笑う三佐江。西園寺に「あなたとはとっくに終わったと思ってたけど、妙な因果でつながってたのね」という。
西園寺に未練がありそうな三佐江、ガーゼオーマでも元愛人とつながってて嬉しいのかなぁ?

私なら、20年間も手術のガーゼが身体の中に入ってるなんて、考えただけでも気持ち悪いです。
三佐江に真実を話しちゃって、蛭間に怒られる未知子ですが、どこ吹く風。
レントゲンをもう一度詳しく見ていると、新たな事実がわかります。
未知子「インオペは正解だった」さらに詳しい検査をします。

 

ドクターX4のあらすじと感想

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/

その頃、医療ミスの当事者の西園寺と、首脳陣(蛭間・久保・南)は、医療ミスの隠蔽について相談中。

南「20年前のオペは西園寺ではなく他の医師がやったことに記録を書き換えます」
久保「それって情報改ざんじゃないの。犯罪でしょ」
他の3人「やむを得ないですな」

 

 

ドクターX4のあらすじと感想

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/
久保「私はこの話は聞かなかったことにする。あとはそっちで話してよ」

久保さん、あんたが正しいよ。
記録の改ざんしたら、20年前の医療ミス、西園寺さんのやったことの濡れ衣を誰かがかぶるってことじゃない。
ひどいなあ〜

そこに未知子がまたしても乱入。
「緊急オペしたいんだけど。じゃないと三佐江さんは死ぬよ」

 

 

ところで、
「手術しないと、死ぬよ」
ってドクターXでよく聞くセリフだけど、自分が患者だったら、ショックだろうな〜(怖)

 

大門未知子による緊急カンファレンス。

 

ドクターXのあらすじと感想

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/

実はガーゼオーマの裏側に、今にも破裂しそうな仮性大動脈瘤があったのです。
仮性大動脈瘤は、偶然にもガーゼオーマによって破裂しないでいたのです。
最初の開腹の時にガーゼオーマを取っていたら、この仮性大動脈瘤から大量の出血をして、患者は死んでいたかもしれない。

 

 

「インオペは正解だった」というのはこういうことでした。
逆に、オペしてたら大門未知子も失敗していたかもしれないっていうことです。
さすがに未知子も全能ではないのかぁ。

 

 

というわけで、これらを踏まえて

・ガーゼオーマを取り除く
・仮性大動脈瘤の治療

をするオペをすることになりました。
未知子が、手術の説明を三佐江にすると、
「これまでいろいろ無茶やってきたけど、生まれ変わるチャンスがきたのかな。これからは全てをクリーンにするつもり」
この言葉を西園寺に告げたところ、西園寺は「三佐江に医療ミスのことでゆすられるのでは?」
と戦々恐々として、蛭間に頼み込んで500万円の小切手を口止め料として借ります。

 

ドクターXのあらすじと感想

画像引用元 ttp://www.tv-asahi.co.jp/

手術は無事成功。口止め料を持って三佐江のところに行った西園寺。
なんと、逆に2000万円の口止め料をもらってしまいます。

 

西園寺と別れたあと、事業を立て直し、政界とパイプのできた三佐江は、
今度の都知事選に出馬することにしたということで、

「私とあなたが交際していた事を世間に黙ってて欲しいの」

と口止め料を逆に渡されてしまったのです(笑)

スポンサーリンク

 

 

未知子に言ったのは
「都知事になって世の中の全てをクリーンにする」
「西園寺との過去もクリーンにする(未練を捨てる」
という意味だったのかな。

 

西園寺、やられましたね(笑)

 

「過去のつまらない男とのスキャンダルで足をすくわれたくないのよ」
とまで言われてぐうの音も出ません。(笑)
西園寺、もらった2000万円の小切手を、バカ正直に蛭間のところに持っていきます。
蛭間が貸した500万円とともに、2000万円の小切手も蛭間に取られちゃいます(笑)
バカだね〜(笑)

 

 

蛭間、ウッシッシ・・・かと思いきや、そうは問屋がおろしません。

 

 

2500万円の請求書(80%は西園寺の口止め料)を持って、晶さんが現れます。
あっ、ちょうど小切手が2500万円ありますね〜(笑)
まんまと晶さんに取られちゃう蛭間。

 

恒例の晶さんのスキップ。

 

 

 

 

第3シリーズで、晶さんも、蛭間も、死にかけて未知子がオペして助かった割には、妙に元気ですよねー
まぁドラマだからいいか。(笑)

 

 

 

ドクターX4のあらすじと感想

画像引用元 ttp://www.tv-asahi.co.jp/

三佐江は、西園寺にあんな大口を叩いたんですが、未知子に拾われた財布の中に、西園寺とのツーショット写真を大事に持っていたんです。
ほんとは心に残っていたんですね。
今回のことで、やっと心に整理がついて次のステップ(都知事選)にいけるんでしょう。

 

 

今回は、シリアスな手術のシーンよりも、西園寺の医療ミスの後始末と女癖の悪さが目立った回でした。
二度目のオペで、世界の北野(滝藤賢一)と未知子がオペ室にいましたが、どちらが主治医だったんだろう?

 

世界の北野が肝心なところで失敗するところが多いので、少しは加地先生(勝村政信)みたいに「デキる」ところを見せて欲しいです。
変な英語だけじゃなくてね!

 

第3回まで見てきましたが、今回はシリアスな展開はあまりなくて、コメディタッチでいく方向性なのかな?と思います。
蛭間(西田敏行)が出てる時点でオモシロオーラ出ちゃってますしね(笑)

 

 

 

南広報部長(草刈民代)は、今回は大門に「×」を付けませんでした。今後の展開に注目です。

 

久保副院長(泉ピン子)は、未知子のこと気にいらないなりに、医者としての良心はありそうな感じがあります。
久保さんのファンな私です。

 

 

 

 

来週は、第1シリーズから出ている原守先生(鈴木浩介)が出ますよ〜!!!!
未知子にいつまでも名前を覚えてもらえない、原先生(涙)
視聴者のラブコールに応えて!?でしょうか?
海老名先生もいつか出るかな〜?
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク