砂の塔の4話です。

弓子がとうとうヤバイ片鱗を見せてきましたね。

そして寛子の嫌がらせも・・・そして、生方のうざさもヤバイです。

生方は直接亜紀のマンションに来てあがっちゃいますし、

寛子も動物園で仲間外れの嫌がらせするし・・・

家庭が危なくなっていきます。

 

砂の塔4話のあらすじ!

 

砂の塔のあらすじと感想とネタバレ

画像引用元 http://www.tbs.co.jp/

ハロウィンイベントで、梨乃のハーバード学歴詐称動画を流してしまった亜紀は、

いよいよマンションでの居場所がない。

 

スポンサーリンク

それと同時にそらも・・・。

 

そらは体操教室に行くと、他の子供たちから「嘘つきが移る」とさけられる。

 

生方「どうしたんですか!?」

 

寛子「実はハロウィンイベントで・・・」

寛子はハロウィンイベントでの出来事を、嬉々として語る。

 

 

その晩、生方は亜紀のマンションにやってくる。

砂の塔のあらすじと感想

画像引用元 http://www.tbs.co.jp/

生方「亜紀さん!開けてください!!
そんなことになってるなんて知りませんでした!!!」

 

マンションまでわざわざ謝りに来る生方。
お前どんだけ亜紀の足引っ張ったら気がすむんだよ。

 

 

他の奥様方にバレたらヤバイので、上げる亜紀。

 

生方は抱きしめたことを謝り、亜紀は許し、
ビデオ編集の犯人は誰だろう?と疑問に思う。

 

 

亜紀「そういえば、弓子さん、

なんで私のビデオ編集がギリギリってことを知って・・・」

 

 

ピンポーーン

 

ちょうどそのタイミングで弓子がやってくる。

スポンサーリンク

 

弓子「ハロウィンであんなことがあるから傷ついていると思って。
あなたがあんなことするはずないのに。」

 

生方「じゃあ、僕はこれで・・・」
生方は部屋から去っていった。

 

 

弓子「今の人、本当にただのお友達?
あなた、母親というより女性の顔してたわよ」

弓子は疑っている。

 

 

和樹「ただいま」
ちょうどそこに、和樹が帰ってくる。

 

和樹「生方さん、よくうちに来てるの?」

亜紀「違うわよ!!!」

和樹(・・・疑いの目で見る)

 

 

~~~~

砂の塔のあらすじと感想とネタバレ

画像引用元 http://www.tbs.co.jp/

 

ある日、亜紀が目を離した時に、そらがいなくなっていた。

そらは、弓子の家でたくさんのモニターがある部屋にいる。

 

そら「わぁ~すごい、画面がいっぱいある。あっママが写ってる」

 

 

そらは亜紀の元に帰り、亜紀に伝える。

 

 

そら「弓子おばちゃんの家すごいんだよ!
テレビがいっぱいあって、
よそのおうちが見れるようになってるの!」

 

 

亜紀「何の話?」

 

 

 

そら「おもちゃもいっぱいあったよ」

 

亜紀「弓子さん子供いないのに、あるわけないじゃない」

 

スポンサーリンク

ある日、そらが幼稚園から、イスを使って門から脱出し、

行方不明になっていた。

 

 

これが大騒ぎになる。

亜紀は、弓子の家に強引に押し入って、

そらがモニターがいっぱいおいてあると、
言っていた部屋に入る。

 

しかし、そこはもぬけの殻だった。。。

 

 

 

弓子「ごめんなさい、私、実はそらちゃんがどこにいるか知ってるの」

 

結局、そらは和樹と一緒に、

行けなかった動物園に行っていたというオチ。

 

(寛子たちの邪魔で行けなかった)

 

 

砂の塔のあらすじと感想とネタバレ

画像引用元 http://www.tbs.co.jp/

家に帰ったら、健一が怒る!!

 

健一「そらが行方不明って聞いたから急いで戻ったのに!
これでまた社長に借りができてしまった・・・」

 

健一「ママ友くらい仲良くやってくれよ!!」

 

 

 

亜紀「私だって仲良くしたいわよ!ママ友ぐらい!!!!」

 

 

 

亜紀はキレて、家を飛び出す!!

そして、例の橋へいく。

 

 

 

そこには生方がいた。

生方に慰めてもらう亜紀を、

和樹が怒りながら眺めていた。

 

 

 

弓子「ほら、ここに来たら見れるって言ったでしょう?」

弓子は和樹を不憫に思い、肩に手をぽん、と置いたのであった。

 

 

 

 

ハロウィンイベントのために編集したVTRに、全く身に覚えのない梨乃(堀内敬子)の学歴詐称映像を加えられてしまった亜紀(菅野美穂)。そのせいで “ウソの粉をまき散らす蛾”とボスママ寛子(横山めぐみ)にこき下ろされてしまう。誰かの悪意を感じ始めるが、それが隣人・弓子(松嶋菜々子)の仕業だとは気づいていない。娘のそら(稲垣来泉)は仲間はずれにあい、息子の和樹(佐野勇斗)は亜紀に失望する。家族が少しずつバラバラになっていく中で、弓子はそらに巧みに近づきはじめる。不自然なほど弓子になついていくそらに、一抹の不安を感じる亜紀。

一方生方(岩田剛典)は亜紀の力になろうと尽力する。世界中が敵になっても亜紀さんの味方だから…そう語る生方の優しさは、亜紀の折れそうな心の支えとなっていく。だが亜紀と生方との関係に疑いを持ちはじめた和樹は、しだいに不審な動きを見せはじめ…。

 

一方、警察ではハーメルン事件に急展開。湾岸地区で失踪した新たな被害者の子どもに『ナイショのおともだち』がいたことが判明。さらにその子供は自分の意志で忽然と姿を消したことがわかる。“魔法の笛”を吹くように子供の心をあやつる犯人は一体何者なのか…?刑事の荒又(光石研)はタワーマンションのどこかに犯人が潜んでいるのではないかと危惧しはじめる。
その頃そらは、一人で弓子の自宅に通うようになっていた。そして監視モニターの並ぶ“秘密の部屋”の扉をあけてしまう!何台ものモニターに映し出される部屋の映像。驚くそらに弓子は、ここは入っちゃいけないお部屋なのよ、とそと首元へ両手をはわせはじめ…はりめぐらされた狡猾な罠…ついに見えてくる弓子の裏の顔!彼女の本当の狙いとは…?亜紀はそらを救えるのか?驚天動地の弓子劇場・第二幕開演!!

公式サイトより引用

 

最終回はいったいどういう結末になるのでしょうね?

予想してみました。

⇒ 最終回のネタバレ

 

スポンサーリンク