ドクターX 第4話のあらすじ

ドクターXのあらすじと感想

画像引用元 www.tv-asahi.co.jp
美のカリスマとして世を席巻する美人姉妹ユニット「四葉姉妹」が、「東帝大学病院」にやって来ました。
極秘中の極秘入院にもかかわらず、噂はたちまち院内に拡散。詳細を知らない医師たちは、そわそわ。

大門美知子(米倉涼子)は全くの無関心。だけどミーハーな晶さん(岸部一徳)に言われてサインをもらいに特別室に行く。
性格診断を姉の四葉美麗(高岡早紀)にされた。

「仕事が趣味で男が寄ってこない」
あとで城之内先生(内田有紀)に「当たってるよ」って言われてた(笑)

 

スポンサーリンク

 
ばくばく食いしんぼうの美知子なのに、スタイルいいよねえー
痩せの大食いか。羨ましいな。

美を売りにしている姉妹(叶姉妹みたいなもんか)なのに、
妹の妹・四葉美音(小林きな子)見る影もなく太ってしまった!
これを受け入れたのは久保副院長(泉ピン子)。金沢にいた原守(鈴木浩介)に肥満のオペをさせようとする。
蛭間に飛ばされた原を取り込んで、自分の持ち駒にしようとしているみたいです。

 
わーい!!!第一シリーズから出てて、未知子に名前を覚えてもらえない」でおなじみ、原先生!
今回も、「誰??』って未知子に言われてたー
原先生はお調子者で、大口叩くんだけど、実力はないキャラです。
第2シリーズからの海老名先生(遠藤 憲一)とも
「実力があんまない」で共通のおもしろキャラ。

 

 

久保副院長の口車にすっかり乗せられ、ここぞ我が腕の見せどころとばかりに、
俄然張り切る原ちゃん(かわいいから原ちゃんって呼んじゃう)
ところが、彼が昔から知る未知子や加地先生(勝村政信)、
研修医時代の同期・北野亨(滝藤賢一)ら外科の面々からは、軽くあしらわれてしまう(涙)

 

 

今回明らかになったのは原先生は、世界の北野(笑)と同期だったそうです。
北野が劣等生だった頃に色々教えてたって原ちゃんは言うけど、あんま信用できないなあ。
北野先生は、劣等生だった過去のコンプレックスあるみたいで、原を良くは思っていない。

 

 

入院したのは妹の美音で、その目的は肥満治療。
アメリカなどでは生活習慣病などの原因となる肥満も、
治療をして最近では保険が適用されることもあるらしい。

 
へえー。確かにヨーロッパなんかは「美と健康を分けて考えない」ってエステの人に聞いたことがあります。
健康だから美しくなり、美しいから健康。

 

 

そんな中、部屋を抜け出した美音と鉢合わせになった未知子は、異変を確認。
急いで検査します。
妹は、ただの肥満ではなく、脳の腫瘍によって太っていることがわかり、
脳の難しい手術。

スポンサーリンク

 

とても原ちゃんには務まらない(涙)
主治医を降ろされてしまいまーす(ああー)

 

 

その矢先、未知子は、姉の美麗も難しい病気だってわかります。
ダイエットで痩せたと言うのは嘘で、ガンで急激に痩せたのをメイクなどでごまかしていたんです。

 

 
姉は、それを妹に悟られないように気丈に振る舞っていました。
一方で、妹は、姉が具合悪いことも気づいていて、心配してたんです。

 

 

姉の美麗が胸に秘めてきた“ある思い”を知った未知子。

それは、

「妹が手術を終わった時に、そばにいてやりたい」

 

 
お姉さんの方が先に手術した方が本当は緊急性が高いのですが、この「患者のオーダー」に応えるため、
姉妹同時に手術することに。

 

スポンサーリンク


未知子は、自分が姉妹両方の手術を担当すると宣言。
しかーし!
四葉姉妹人気に乗じた話題性を優先する蛭間は、2つの手術を同時刻に行うと決定する。

 

 

姉妹の手術を同時にやって、「姉妹の絆」をアピールすることで病院の人気取りをしたい。
北野先生、原先生の2人の「同期の絆」で相乗効果でアピールできる。

 

 
何を思ったか未知子は『助手』に志願。

妹の脳腫瘍は北野先生。助手に未知子が付いてて、
美知子が「失敗しないんで、ってあんた言えないの?あんたまだ劣等生じゃないの!?」
ってハッパをかけて、北野先生奮起!!!
未知子の術式を受け入れ、2人で協力してオペを見事成功させる。

 

 
なんかスカッとするシーンでした。
世界の北野、ダテに世界の北野じゃないね〜!

 

 
姉のガンは、腹腔鏡の魔術師・我らが加地先生。
助手は原ちゃん。(というか原ちゃんができないので、ヘルプで加地先生が来てくれたんですー)
しかし、腹腔鏡とは開腹しないで直接切れない術式なのです。
いくら加地先生と言えども、かなり癒着がひどく時間がかってしまいます。
くじけそうな原を励まし、先輩としてハッパをかけて頑張る加地先生。
麻酔科医は城之内先生。時間かかりすぎじゃない?って言ってます。

 

 

そこに現れたのは、姉の手術を終えた未知子。
「腹腔鏡じゃ撮り切れない。開腹して全部取り切る」
もう勝手に、第一助手にされた加地先生やら、原先生にも勝手に指示を出して
パパッと手術を成功させます。

 

 

結局、姉妹2人とも、未知子が救ったんです。

でも今回は、美知子だけの力ではなく、相棒の城之内先生はもちろん、
世界の北野も奮起したら、なかなかの実力で未知子といい連携プレーでしたし、
加地先生、原先生もみんなの協力で、成功したんです。

手術後に患者の胸に手を当てて声をかけるのは未知子の恒例。

 

 
今回は、

 

 
「趣味が手術っていのは、性格診断当たってるよ」って姉に言います。

「趣味;手術/特技:手術」って履歴書に書いてて「失敗しないんで」って言うんだけど、
特技:手術」て今回言わなかったから、失敗しないように謙虚にいるんだな。

失敗しないんでって言うのは、「失敗できない」という覚悟。

趣味が手術なのは、患者を救うのが趣味、っていうこと。
原先生も言ってたけど、

「本当に患者の心に寄り添う医者は大門未知子さんだ」

って私も思います。

 

 

 
原先生は、金沢に戻されそうになるのですが、加地先生の計らいで、
「姉妹が原先生に感謝している」とコメントを出してもらうことで、
大学病院に残れることになりました。

 

 

来週からも、原ちゃんが見れるんですね!嬉しい!!!
なんか、この人可愛らしいんで、私好きです。

 

 

 
驚いたのは、患者からの謝礼金を受け取らない代わりに、
「原先生に感謝している」というコメントを出してもらうように、
姉妹に頼んだ、加地先生。
あの、金の亡者の加地先生が、謝礼金を断るとは、ずいぶん、変わりました。
加地先生は今回もやっぱり、かっこよかったなあー

 

 
で、「びっくりぽん」のお時間です。
晶さんのメロンと請求書の時間。
今回は、姉妹2人で2700万円 でーす(ギョギョギョッ)

 

 

前回は2人で4000万円だったから、リーズナブルなのかなぁ????
もう金銭感覚がマヒしてきました(笑)

 

 

それより、メロンを2個もらって、喜ぶ蛭間さんがかわいかったです(笑)
この人、本当は富や名声より、メロンが好きなのじゃないか?(笑)

 

 
最後は記者会見で、手柄の取り合いをする、昼間と、久保でバタバタしておわりました
今回は原ちゃんパートも多かったから、広報部長の未知子への「×」はなかったです。

 

 

来週は、わーい!視聴者にも人気の海老名先生(遠藤 憲一)登場!!!
「御意男・海老名」だって!
あと、権力争いに未知子が巻き込まれたり、論文の偽造で土下座とか、
ついに蛭間が追い詰められ、辞表を書くことになり、
「すわ蛭間失脚か!?久保が勝つのか?!」

 

 

と、いろいろ気になるポイントが盛りだくさん。
昔からのファンも、今回から身始めて権力争いの行方に興味がある方も、
楽しめそうですよ!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク