7話では、弓子が和樹の実の母親であること。

健一と弓子が過去に夫婦だったこと。

和樹がいじめられて金を巻き上げられていたことが発覚しましたね。

8話はどうなるか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

砂の塔8話のネタバレとあらすじ

20161125-225545

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

亜紀「クリスマスツリーの点灯式、みんなで見に行こうね」

果たしてみんなで見に行くことなんてできるのか?

こんな家族がめちゃくちゃな状態で・・・

 

20161125-225626

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

弓子「約束したわよね。今のお母さん捨てるって。」

 

7話の終わりで、亜紀は弓子に母親だと名乗られて、救急車に乗られてしまう。

そのまま、病院で弓子は、和樹に自分が本当の母親で、自分についてくるように言ったのだろう。

 

和樹は自分の出生の本当の秘密を知り、

それまでの亜紀への不信も募って、弓子を母親としてついていくか考える。

 

 

20161125-225633

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

弓子「あの家にあなたの居場所はもうないわ。

あなたが母親だと、あの子たちを不幸にさせるだけよ」

 

弓子は、和樹とそらと一緒に仲良く長縄をしている。

しかし、そらが弓子のことを母親とみなすとは到底考えられないし、

和樹はともかくそらを亜紀から奪うのは難しいのではないか?

このシーンはまだ完全に奪いきっていないものなのだろう。

 

20161125-225635

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

健一「お前がそうしたいなら、こっちも考えるから」

健一は亜紀が離婚したいと告げると、こっちも考えるから・・・と言う。

果たして離婚になるのか?

しかし、まだ弓子にキスされた誤解もあるし、亜紀自身にも秘密がある。

一体どうなってしまうのか?

 

 

20161125-225637

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

生方「俺といかない?絶対に泣かせたりしないから」

 

ふざけんなよ生方!!

生方まで、亜紀をたぶらかしにかかりました。何でいきなり悪い子になってんの?

弓子とは違うんじゃなかったの?

 

20161125-225642

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

弓子「あなたの本当のお母さんのこと、知りたい?」

弓子は本当の母親は自分だと打ち明けて、いかに亜紀がつまらない母親かを力説。

亜紀よりも自分の方がいい母親だと伝える。

 

20161125-225645

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

亜紀「和樹ぃー!!」

亜紀は家族がめちゃくちゃになり、どこにも居場所がなくなってしまう。

和樹と弓子は並んで歩いているし、長縄してるし。

 

20161125-225652

画像引用元 http://www.tbs.co.jp

亜紀「あの子たちは、私の体の一部だから!」

と訴える亜紀。母VS母。いったいどちらが勝つのか・・・?

 

スポンサーリンク

砂の塔の8話でまだ残っている謎

さて、7話が終わりましたが、まだまだ謎が残っていますよ。

 

  1. 亜紀が隠していることとはいったい何なのか?
  2. 弓子が過去に殺人を犯していた理由とは?

この2つがまだ謎として残っています。

 

この謎の正解は一体何なのでしょうか?

楽しみですね。

 

⇒砂の塔9話のネタバレとあらすじ予想へ!

 

スポンサーリンク

 

ついに明かされた衝撃の事実。
息子・和樹の実の母親は、おそるべき隣人・弓子だった…!
ひどい虐めで大ケガを負った和樹の「母親」だと名乗り、救急車に乗り込んでいった弓子。
絶望の冷たい雨の降る中で引き摺るように歩く亜紀。
見かけた生方は、弱りきった亜紀を思わず抱き寄せた――。

一方、病室で処置を受けた和樹は、弓子の存在に疑問を抱く。「あなたは誰なんですか?」
「本当のお母さんのこと、知りたくない?」と意味深に言い残す弓子に、和樹はさらに動揺する。
和樹が、自分の出生にまつわる秘密を知ってしまったのではないかと不安を募らせる亜紀。そんな彼女の不安を煽るように、弓子は亜紀に言った。「私の方がずっと母親にふさわしい」そして、亜紀が気付けなかった和樹の過去について、語り始めた…
驚愕する亜紀。それは、弓子の決定的な切り札だった!

写真
写真

弓子に家族を奪われ、自分の居場所を失った亜紀は、街を彷徨い…
そしてこれ以上ない悲劇の運命と出会う!
ついに計画の最終段階に入った弓子は、和樹を見据え…パンドラの箱をあける!
亜紀は、和樹は、そして家族の絆はよみがえるのか、それとも――?

引用元http://www.tbs.co.jp/

 

スポンサーリンク