花粉症、2017の対策のヨーグルトのランキング

引用 https://matome.naver.jp

花粉症、本当に辛いですよね。

 

ヨーグルトは花粉症対策に有効であると有名です。しかし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類の違いや、ヨーグルトを食べる食後・食前のタイミングなどで効果も変わってきます

 

ここでは、ヨーグルトが花粉症に有効である理由や、おすすめのヨーグルトランキングなどをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

オススメのヨーグルトランキング

オススメのヨーグルトです。ちょっと専門用語などが入りますが、それについては後述の説明をご覧ください。

1位 小岩井KW乳酸菌ヨーグルト

 

出典 trendstyle96.net

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、種類によって効果が違います。この小岩井KW乳酸菌ヨーグルトはアトピーや花粉症の改善のために作られたヨーグルトです。

 

KW乳酸菌は乳酸菌の中でも特にアトピー、アレルギーの改善に効果があり、免疫を整えてくれる効果が高いです。

2位 カルピスの働く守る乳酸菌

 

働く守る乳酸菌には、L92という花粉症に効く乳酸菌が配合されています。

 

体には二種類の免疫があって、花粉症になるとそのうちの一つが極端に増えてしまうためにアレルギー症状が出るのですが、L92乳酸菌は二種類の免疫を整えてくれるので、花粉症に有効です。

 

ちなみに、このL92の菌をたっぷり閉じ込めた、アレルケアという製品もカルピス社から販売されています。

3位 タカナシ乳業 おなかへGG!ヨーグルト

引用 http://xn--qck5b0en7fy693c84jh4l.net/

おなかへGG!ヨーグルトは、花粉症などのアレルギーに強いLGG乳酸菌が配合されています。

 

LGG乳酸菌は胃の酸や、胆汁などの消化液に耐えて、生きた状態で腸を整えくれます。

 

他の菌に比べて、腸内で長く生きて免疫を整え、花粉症に良い影響を与えてくれます。

スポンサーリンク

その他、効果があるといわれるヨーグルト

  • 森永ビヒダス
  • オハヨー乳業のL-55配合のヨーグルト&飲むヨーグルト
  • 伊藤園の朝のYoo

引用 http://xn--qck5b0en7fy693c84jh4l.net/

これらのヨーグルトも花粉症予防に効果が高いとして知られているヨーグルトです。色々と試してみてください。

スポンサーリンク

ヨーグルトが花粉症に効く理由は?

引用 https://matome.naver.jp

花粉症になる理由は、体内の免疫のバランスが崩れることにあります。私たちの体の中には免疫が2種類あるのですが、花粉症になるとそのうちの1つがものすごく増えて、もう一つの免疫はいつもと変わらない・・・その結果、目のかゆみや、鼻水などのアレルギーを発症するのです。

 

ですから、花粉症を予防するためには、2つの免疫のバランスを整えることが重要になってきます。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌、ビフィズス菌には、これら2つの免疫を整える役割があり、ヨーグルトを普段から食べることで、整った免疫を作っておけば、花粉症を防ぐことが出来ます。

花粉症に対策に良い乳酸菌の種類

引用 https://matome.naver.jp

ヨーグルトなら何でもよいというわけでなく、乳酸菌のなかにも花粉症にきく種類と、きかない種類があります。

効く種類

  • KW乳酸菌
    ⇒小岩井KWプラズマ乳酸菌ヨーグルト
  • L92乳酸菌
    ⇒カルピスの働く守る乳酸菌
  • LGG乳酸菌
    ⇒おなかへGG

一口に乳酸菌といっても色々違いますので注意が必要です。

 

乳酸菌はほとんどの種類が、胃液や胆汁などの消化液で死んでしまいますが、これらの種類は生きた状態で腸に届き、免疫をしっかり整えてくれます。

 

花粉症に対策のヨーグルトの食べ方

引用 http://angie-life.jp/

ヨーグルトを食べるための注意点についてお伝えします

  1. ヨーグルトは花粉症が流行る2,3か月前に食べる
  2. 食後に食べる
  3. 砂糖は入れない

ひとつずつ見ていきましょう、

1.ヨーグルトは花粉症が流行る2,3か月前に食べる

一度、花粉症にかかってしまった後に、焦ってヨーグルトを食べてもあんまり意味はないです。ヨーグルトに花粉症改善の即効性はありません。

 

花粉症が流行りだす2,3か月前から、毎日欠かさずヨーグルトを食べるようにしましょう。ヨーグルトを食べて花粉症を対策するというのは体質改善です。

 

1週間やそこらでヨーグルトを食べただけでは体質は変わりません。2,3か月前から毎日食べて、体質を改善しておきましょう。

2.食後に食べる

お腹がすいている時は、胃酸がたくさん分泌されており、せっかくの乳酸菌が死んでしまいます。

 

食事の後であれば、胃の酸性がある程度中和されており、生きたまま乳酸菌が腸に届きやすくなり、ヨーグルトの花粉症の対策効果が得られやすいです。

3.砂糖は入れない

ヨーグルトに含まれるビタミンBには、免疫力の低下を防ぐ効果があります。砂糖を入れると、ビタミンBが減ってしまいます。ヨーグルトには、はちみつや黒砂糖を使うようにしましょう。

まとめ

  • ヨーグルトには即効性はない(1日だけ食べても効果なし)長い目で見ること
  • ヨーグルトによって、効果が高いものとそうでないものがある
  • ヨーグルトは食後に、砂糖を入れずに食べること

以上のことに気を付けて、花粉症が始まる2~3か月前、つまり12月頃からヨーグルトを毎日食べるようにしておくとよいでしょう。

 

【関連記事】

⇒ 花粉症を予防できる食べ物ランキング

⇒ 花粉症にはお茶が利く!オススメのお茶ランキング

 

スポンサーリンク