alifeアライフの動画 6話 pandora

アライフ alifeの動画

【PANDORA.TV】

【PANDORA.TV】

【Daily motion】

【Daily motion】

【Daily motion】

【You Tube】

【You Tube】

【You Tube】

【YouTube】

【LuTV】

【LuTV】

【B9】

 

動画が削除されていたら?

もしこれらのサイトで動画が見られない場合、すでに著作権違反で削除されています。

 

どうやらテレビ局側が昨年末ごろから、かなり著作権に敏感になっているようで、最近こういった動画サイトから、番組が片っ端から削除されまくっています

 

当サイトでは、目視により視聴できることを確認の上、厳選していますが、

UPと同時に即刻削除されることも多々あります。

 

 

当サイトで動画が見られなければ、

あらゆる動画サイトからすでに削除されてしまった

と考えられます。動画捜索チームを組んで探しているので…^^;

 

その場合、動画を見る残された手は、TBSオンデマンドの無料登録です。全話見れます。

公式のサービスなので安心して使えますよ。

 

↓こちらから無料登録で全話見れます↓
TBSオンデマンド

登録するメリット

  • 画質が最高にきれい
  • 二週間無料でお試し使用が出来る
  • 海外サイトで探す手間が省ける
  • 海外サイトじゃ見れない映画・アニメ・バラエティを多数収録

登録の手順(スマホ)

登録は簡単にできるのですが、万が一迷ったらいけないので、登録手順を載せておきますね。

公式ページはこちらからも飛べます。

1.プライベートブラウザはOFF

プライベートブラウザを使用している方はOFFにしてください。

2.プレミアム見放題をクリック

3.まずはお試しをクリック

4.各項目を入力

4.入力を確認し登録します

5.入力を確認し登録します

『900円/月』

って書いてますけど、

2週間以内に解約した場合は無料なので安心ください。

6.クレジットカードかドコモspを選択

クレジットカードか、ドコモspを選んでください。

じゃないと2週間無料お試しで使えません。

7.(クレジットの場合)入力します

8.入力内容を確認し次へを押します

9.戻るボタンを押します

10.次へのボタンを押します

11.完了です。トップページを押します

以上で終わりです。お疲れ様でした。

 

↓このバナーから公式ページに行けます↓
TBSオンデマンド

視聴者の感想まとめ

視聴者①

画像引用元 http://www.tbs.co.jp
初回を視聴した段階では、全体の雰囲気が重く固い感じがするなぁと思ってました。TBS特有の重さを感じたのかもしれません。

 

しかし、回を重ねるごとにその重さにはまっていき、今ではあっという間に1時間が経過してしまうくらい真剣にドラマの世界に入り込んでいます。

 

大まかなあらすじは、ベタな医療ドラマかもしれませんが、そこに行き着くまでのプロセスが丁寧且つテンポよく描かれているため、観ていて飽きません。

 

木村拓哉さん演じる本作の主人こ・沖田は医療に対してひたすらまっぐで青くささがあり、それでいて不器用なところが感情移入しやすい愛すべきキャラクターだと思います。

 

一方、沖田と幼馴染みでありながら経営者としての決断を最優先し沖田と対立する壮大、沖田や壮大を内心あまりよく思っていないのか時に嫌味な羽村という3人のバランスが非常にいいと思います。

 

恋愛ではなく、対立の三角関係が描かれているところがこのドラマの面白い点だと思います。5話のラストでは、ついに沖田が深冬に自身の病状を告げました。

 

夫である壮大はこの事実を知っており、そもそも壮大は沖田を壇上記念病院に残るよう頼んだ張本人なわけですから、深冬がこの事実を知ったら夫婦間に距離が出来てしまう可能性があるでしょう。

 

一方、沖田とは今後の手術などについて話し合っていかなくてはなりませんから、今まで以上に2人ひ密接な関係となると思います。

 

もっとも沖田は深冬が壮大からプロポーズを受け深冬もそれを受ける気でいると思い引き下がったみたいですが、深冬は深冬で沖田がそれを止めてくれるのではないかと内心期待していたようです。

 

つまりは、壮大からプロポーズを受けた時もお互いに好きだったということですよね。そのすれ違いに深冬が気づいたとしたら、深冬はますます沖田に対する気持ちが膨らんでしまうのではないでしょうか。

 

その時、壮大の沖田への嫉妬や深冬が自分から離れてしまうのではないかという不安をどう爆発させるか。そして、沖田がそれをどう受け止めるのか。そこが非常に楽しみです。