画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp

緊急取調室 2017 シーズン2

【PANDORA.TV】

【PANDORA.TV】

【Daily motion】

【Daily motion】

【Daily motion】

【You Tube】

【You Tube】

【You Tube】

【YouTube】

【LuTV】

【B9】

動画が削除されていたら?

もしこれらのサイトで動画が見られない場合、すでに著作権違反で削除されています。

 

どうやらテレビ局側が昨年末ごろから、かなり著作権に敏感になっているようで、最近こういった動画サイトから、番組が片っ端から削除されまくっています

 

当サイトでは、目視により視聴できることを確認の上、厳選していますが、UPと同時に即刻削除されることも多々あり、当サイトで動画が見られなければあらゆる動画サイトからすでに削除されてしまったと考えられます。動画捜索チームを組んで探しているので…^^;

 

その場合、動画を見る残された手として、U-NEXTの利用を強くオススメします。

※auユーザーはauビデオパスの方がおすすめです。

U-NEXTとは?

映画・ドラマ・アニメ12万作品、

マンガ20万冊も読み放題

アダルト動画も見放題

日本の会社の公的なサービスですので安心・安全に使えます。

こんな感じで、便利に使える動画配信サービスです。

U-NEXTには無料期間がついています。


U-NEXTで無料でドラマを見る手順【スマホもOK】

⇒ パソコンの方はこちらから

U-NEXTのスマホでの登録方法を説明します。

手順1 まずU-NEXTを開き、このページに戻る

まずはU-NEXTのページを開いたら、今のこのサイトに戻ってください。

⇒ 公式ページを開いてこのサイトに戻る

手順2 無料トライアルをクリックする

画面中央の『無料トライアルで試してみる』をクリックしてください

手順3 各項目を入力する

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号

以上を入力して『次へ』ボタンを押してください。

手順4.決済方法を記入して送信

クレジットカード番号などを入力してください。

無料期間中に解約すれば、料金は発生しませんので安心してご記入ください。

送信ボタンを押せば、20000作品のドラマや映画を無料で見放題となります。

 

↓↓登録はコチラからも出来ます↓↓

全話のあらすじを以下にまとめています。

きんとり7話の予想

次回は3人の女性が取り調べを受けており、誰か他のもう1人の女性について「あんなよい人が」言っていました。

おそらく3人の共通の知り合いが殺されてしまったのでしょう。そして真壁が「女の世界で誰もが褒める女は存在しない!」と言っていたことから、その3人のうちの誰かが嘘をついており、殺人を犯したのではないかと想像できます。

女のドロドロした怖い部分がたくさん見られそうですね。

そして、今回の話の一番最後でほのめかされていた、真壁のお気に入りのボールペンを盗んだとされる人物。

この男性は一体誰なのでしょう。予告でも「最悪の事件」とあったので、何か悪い方向に展開しそうですね。

真壁に恨みを持った人物が何かを仕掛けてくるのでしょうか。あの男性が誰なのか、そしてキントリはどうなってしまうのか、次回も楽しみですね。

きんとり6話のあらすじ

「もうやめて!」と叫びながら6Fのバルコニーから飛び降りた1人の女性。室内に人のいた形跡はなかったため自殺と判断される。

実は彼女はある女性との電話中に自殺をしたのだった。その女性はネイリストである茂手木。

茂手木の周りでは他にも2人の女性が自殺をしていたため、警察は茂手木を疑う。

そして茂手木の罪を証明できれば、警視庁でのキントリの信頼も高まると言われ、キントリが捜査をすることに。

捜査中にやたらと真壁にこだわる茂手木。真壁のことを「ゆきこさん」と呼び、満面の笑みを見せる。

そんな茂手木に騙されてしまったのか、一人で茂手木の経営するサロンに行き、ネイルをしてもらう真壁。

それには他のキントリのメンバーも思わず動揺してしまう。そして茂手木の周りで自殺をした3人の女性には共通点があった。。

3人とも茂手木からサロンの共同経営を持ちかけられており、茂手木に出資金としてお金を渡していたのだ。さらに彼女たちの自殺は3年おきの5月。これが何を意味するのか。

2回目の聴取で「好きになってしまってはいけない人を愛してしまった」という悩みを茂手木に打ち明けられてしまう真壁。

しかしそれは茂手木の手口を明らかにするための真壁の演技であった。はたして茂手木の罪を暴くことはできるのか。

きんとり6話の感想

今回は真壁が大活躍の回でしたね。でもわりと最初からきっと演技だろうなと思って見てしまいました。

真壁のような芯のある女性は他人からの優しい言葉や見せかけの言葉には決して騙されなさそうですよね。特にシングルマザーとして苦労している分、彼女は自立もしているでしょうし、沢山の苦しさにも耐えてきたでしょう。

3人をうまく丸め込んでお金を手に入れてきた茂手木も、真壁が相手だとさすがに通用しませんでした。

真壁の悩みが、好きになってはいけない人を愛してしまったことだと発表された時は思わず真壁よりも先に笑ってしまいました。面白い冗談でしたね。

ただ、人を自殺に追い込んでおいて、「全然悪いとは思っていない。楽にしてあげたの。救ってあげたの。」と言ってしまえる神経はかなり怖いですね。

使い道さえ誤らなければきっと茂手木は色んな人を本当の意味で救ってあげられそうな人になれそうなのに何だかもったいないです。

 

きんとり6話の予想

次回は「だます女」というタイトルでネイリストの女性が登場していました。

周りの女性が自殺すると言っていたのは、彼女にネイルをしてもらったお客さんが次々と自殺をしてしまっているという意味でしょうか。

そして「さびしいのはあなたよ。」「ずっと一緒よ。」という台詞を言っていたので洗脳をしてまず味方だと思わせて自殺へ追い込んでいくというやり方なのでしょうか。

ただ無差別にそんなことをする意味があるとも思えないので、きっと何か目的があるでしょうね。例えば昔いじめられていたとか自分の子供を奪われたとか。

その復讐のために自殺へ追い込んでいるんじゃないかと予想します。

また、予告では珍しく真壁がこのネイリストによってややおかしくなっているみたいでした。しかしあの真壁だからきっと洗脳はされないでしょう。

どんな相手に対してもぶれなさそうですし、意志もかなり強いですからね。きっと犯人を安心させるための演技ではないでしょうか。洗脳されてしまう真壁もそれはそれで貴重なので見てみたい気もしますが。来週も楽しみですね。

きんとり5話のあらすじ

人通りの多い昼間の駅前で血まみれの格好で包丁を持って立ち尽くす1人の男。「朝起きたら包丁を握ってたんです。誰かを殺しちゃったかもしれない。」と話す。

しかし被害者は見当たらない。男の名前は水越でトラベルコレクトという会社の社員だった。

水越は現行犯逮捕され、初めは緊取に取調の指示が出るが、逮捕したのは剣持、渡辺の2人だったためこの2人が取り調べを行うことに。

しかし取り調べは失敗に終わり、結局緊取が取り調べを行うことになった。取り調べ中、水越は夜の22時に会社を出た。ただそこからの記憶はなく気付いたら朝ベットで血だらけでナイフを持っていたという。

しかし取り調べを進めるうちに、ふと船の舵輪を見たと語り出す。取り調べを終え、会社で聞き込みを行う真壁たち。水越の退勤時間を見ると事件が起こったと思われる日、水越は19時半に退勤していた。

このずれに疑問を持つ真壁。また取り調べを行い、退勤時間のずれに関して聞くと残業をしていたと言い、会社への不満を語り出す。そしてまたふと「あの夜音楽を聞きました。船の中で。そう、ピアノ。」という供述を始める。

その謎の2つの証言が解明できないまま、真壁たちはまた会社へ聞き込みにいき部下の発言から「ヨットクラブ」が怪しいと考える。同時期に被害者も死体で見つかり、彼はお店で喧嘩になりその後喧嘩相手によって刺されていた。

そして犯人は水越ではなかったのである。水越に釈放を告げると何故か彼は急に焦りだす。彼には記憶喪失の振りをして逮捕されることで会社がブラック企業であることを暴露するという計画があったのだ。

きんとり5話の感想

今回も予想を見事に裏切られました。記憶喪失なのは怪しいなあと途中から思っていたのですが、まさか会社をブラック企業だと知らしめるために考えた計画だったとは。やはり面白いですね!

ただ人を助けたい、笑顔にしてあげたい、と心から思っていた人がいくら部下やブラック企業の悪さを伝えるためとはいえ、刺された人を病院に連れて行ってあげずに死なせてしまう、というのはやや皮肉を感じましたね。

会社員として行動する前に、人として大切なものを失ってしまっている感じがしました。本当は良い人だっただろうに残念です。そして今回は仕事に対する名言がたくさん飛び出してました。

「面白くない仕事もやらなきゃいけない。」「つまらない仕事の中に面白さがある。」なかなか深い台詞ですよね。また、落ち込んだ剣持をそっと励ましやる気を取り戻させた渡辺も素敵でしたね。

2人が一瞬握手をした瞬間は思わず胸が熱くなりました。緊取のメンバーもそうですが、みんなほんとパートナーという感じで見ていてうらやましくなりますね。

⇒ 動画はこちら

きんとり4話のあらすじ

古文の授業中にいきなり倒れた春日という1人の男子高校生。倒れた原因は一般人には入手困難な青酸ソーダだった。

素行も良く明日から始まるGWには家族とイタリア旅行に行く予定でそれを楽しみにしていた春日。

彼は自殺だったのか、原因を明らかにするためその場にいたクラスメイト29人全員に事情聴取を行うことになる。

そこに、生徒を守りたいと言って同席を申し出た担任の古文教師である沢本。だが彼女はことあるごとに口を出し邪魔をする。果たして彼女の目的は何なのか。

そして真壁らが春日の実家で母親に聞き込みをしていると、また沢本が現れる。しかし沢本に対して母親は「顔も見たくない」とかなり険悪な様子だった。

実は沢本の母が内縁の夫を殺害しており、母親は殺人犯の娘ということを理由に担任をやめさせたがっていたのだった。

そんな中、春日の部屋にあった古文のテキストに春日と沢本の恋愛関係を匂わせるやり取りを発見する真壁達。

事情聴取を拒んでいた沢本だったが、真壁にゆさぶられついに応じることに。果たしてこの事件の真相は。

きんとり4話の感想

最初から沢本は捜査に絡んできたり、春日の部屋に入りたいと言ったり行動が怪しかったので、春日を殺そうとした犯人は沢本だろうという検討は何となくついていました。

ただその理由が春日に「別れるなら恋愛関係をばらす。先生を殺す。」という脅迫だったというのは意外でした。それだけ春日は真剣だったんですね。

倒れて目覚めてからも先生に毒を飲まされたとは言わなかったですし、大好きだったのだと思います。

沢本も根っからの悪人ではなく、母のこともありがんばって乗り越えて教師になったのに毎回春日の母に否定され続けて辛かったと思います。

毒を飲ませて殺そうとしたの犯人ではありますが、同情してしまいました。犯行に使った青酸ソーダも母親が沢本を励ますために最後に渡したというエピソードも悲しかったです。

きっとこんな使い方はしてほしくなかったでしょうね。自分の名前が大嫌いというのも悲しいことだと思います。親が最初にくれるプレゼントですからね。

今回は人の中身を全く見ずに否定し続ける母親、そして捨てられたくないために脅迫にすすんでしまった春日、この親子によって狂わされてしまった女性の哀れさを感じる回でした。

⇒ 動画はこちら

緊急取調室の3話のあらすじ

小泉夫妻の暮らす家のプールで1人の男性(藤田)の死体が見つかる。夫婦は近所でも理想の夫婦として知られていた。

1回目の取り調べでは、夫は帰り道に因縁をつけられ藤田を突き飛ばして殺してしまったと供述し、妻は藤田からストーカーをされており、家に押しかけられて揉み合っている際に突き飛ばして殺してしまったと供述する。

最初は愛し合う夫妻がお互いを庇い合っているかに思われたが、実はこの夫妻の関係は冷え切っていた。藤田は探偵であり、夫が秘書と浮気をしていたことを知った妻が浮気の証拠を得て夫からお金を奪い取るために浮気調査を依頼していたのだった。

嘘をついていたことが明らかになったため、夫妻への第2回目の取り調べが始まると今度は先ほどとは一転し、夫妻は「石原さんがやった」という共通の供述をし始める。

ただ二人の話には一点だけ不可解なことがあった。それは夫妻の語る石原さんの年齢だった。年齢以外の石原さんの特徴は全て一致しているにも関わらず夫は石原さんを50歳だと語り、妻は37歳だと語るのだ。

この年齢のずれは何なのだろうか、そして石原さんとは誰なのかについて調査が始まっていく。

緊急取調室3話の感想

最初は別々の供述をしていた夫妻が次は一転して同じ供述をし始め、何が真実なのか誰が犯人なのか分からず非常に引き込まれました

藤田の死の理由についても、夫がやった、妻がやった、石原さんがやったというように真相にたどり着くまでに様々に展開されて面白かったです。

石原さんの年齢に関して夫婦間にずれがあった理由も思わずなるほどと納得してしまいました。

妻が言った37歳という年齢は妻にとって過去の一番幸せだった時が基準になっており、夫が言った50歳という年齢は夫にとっては今が基準になっていたというところから、夫妻の溝が修復不可能であることが顕著に表れており、もし夫妻が本当に愛し合っていたならば年齢は一致し、殺人の真相は暴かれなかったかもしれないと思いました。

最初は仲のよかった夫妻がオウムが死ねという言葉を覚えてしまうほど憎しみ合い、そんな夫妻が最後に行った共同作業が殺人であるというのは何だか皮肉であり、悲しさを感じました。

⇒ 動画はこちら

2話のあらすじ

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp

病室で人工呼吸器を外され死んでいた一人の男性患者。その部屋にいたのは一人の医師の糸山。

看護師が病室を離れた空白の9分間の間に患者は死んでいた。そして死んだ患者に糸山は何故か靴下を履かせていた。

そんな状況から殺人の疑いを掛けられ取り調べを受けるが、糸山は何も答えない。「覚えていない」「何も知らない」の一点張りで何故患者に靴下を履かせたのかについても答えようとない。

取り調べをとりあえず終わろうとした瞬間、刑事の宮沢が拳銃をたてに取調室に立てこもる。実は彼にはある目的があった。

15年前のある事件から糸山をずっと気にかけており、刑事生命をかけて彼を救おうとしていたのだ。

何とか立てこもりをやめさせようと交渉しようとした真壁だったが、失敗し緊取の存続が危ぶまれる事態に。

しかし映像で取り調べの状況を振り返るうちに、宮沢の本当の目的に気づく。

彼は間違った正義感のもと実は糸山を殺そうとしていたのだった。その後事故で15年前に死んだ糸山の父の事件の真相に迫っていく中で、今回の事件も解き明かされていく。

⇒ 動画はこちら

2話の感想


画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp

今回の話は完全に予想を裏切られたという感じ。

てっきり宮沢は糸山を助けたい一心で取調室に立てこもったと思いきや、まさか殺そうとしていたなんて。

しかも自分の間違った正義感によって。勝手な話です。糸山が宮沢に不信感を持っていた理由も納得ですね。

警察の正義感も一歩道を外れてしまうと恐ろしいものですね。そして糸山が患者の呼吸器を外した理由も悲しかったです。

父が自分の将来を守るために事故に見せかけて自殺し、母はそれを死ぬ間際まで隠していた。

そんなの自分が医師になって成功していたとしてもやりきれないですよね。糸山が絶望してしまうのも仕方がないことだと思います。

そんな悲しい過去を持つ糸山に対して「このままだと一家心中をしなければならない。

自分が死ぬことが家族を守ることになる。最後の願いだ。」と訴える患者。呼吸器を止めて殺してしまったのも納得な理由でしたね。

靴下を履かせた理由も切なかったです。お父さんを重ねてしまったんでしょうね。家族について考えさせられる回でした。

⇒ 動画はこちら

視聴者感想まとめ

視聴者①

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp

私は緊急取調室に対する期待度は、少し期待している評価です。期待評価が上がるポイントは、サブキャストの充実です。

 

2枚目の演技が似合う小日向文世や、大杉漣などのキャストがストーリーをより盛り上げてくれると感じています。しかし不安なのは、速水もこみちです。

 

最近、あまりドラマでは見なくなり、久々の出演だと思います。どこまで役になりきれるかがこのドラマの当たり外れを決めると思います。

 

また、ストーリーはとても面白そうです。”武器を持たない生身の人間の銃撃戦”といったキャッチコピーから、シリアスなドラマになると伝わってきます。

 

また、法律改正も反映させたドラマとなっているので、今の時代の取り調べとはどのようなものなのかという興味を持たせてくれます。

 

豪華2枚目俳優と、シリアスなストーリーが上手く噛み合っていれば、とても面白いドラマになると思います。

⇒ 動画はこちら

視聴者②

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp

前回に引き続きの第2弾の緊急取調室、刑事ドラマで楽しみです。真実を追い求める正義の取締官という役は天海祐希さんのハキハキとしたイメージ通りの役で、天海さんの新たな一面が見れるという裏切られる期待感は無いですが、周囲に媚びない一匹狼タイプの女性がみれるのは楽しみです。

 

キャストも鈴木浩介さん、田中哲司さん、大杉蓮さん、小日向文世さんいうお馴染みのベテラン実力派俳優のみなさんが脇を固めているので安心して観れる感じです。

 

ゲスト出演の俳優さんも楽しみです。一刻を争う、すぐに自供を取らなくてはならない部署で全て可視化されている、食い下がりながらも一筋縄ではいかない本当に色々なタイプの被疑者を上手く丸裸にしていくところが何とも見どころで面白いですが、もっと疑った感じの心理戦になっているといいなぁと個人的に思いました。

⇒ 動画はこちら

 

視聴者③

画像引用元 http://www.tv-asahi.co.jp

春ドラマ「緊急取調室」についてですが、番組について期待しています。とにかく出演者が豪華な番組です。演技もですが、速水もこみちさんまで出演するという事でメーンの天海さんをトップに豪華なレギュラー陣にびっくりです。

 

どの人が主演で立ってもよさそうな演技者陣なので、第一シーズンよりも濃い番組になりそうです。天海さんの存在は大きいですが、脇を固める男性俳優陣もいろいろな番組や舞台で活躍されている人達が多くて、出演者陣をみても安心して放送を楽しめそうです。

 

番組の内容についてもコメディーではなく、刑事ものに近い少し濃くなりそうで謎を解くのに苦労しそうな番組ですが、簡単には犯人が解らないような番組に感じました。

 

最後までみなければスッキリし無さそうな番組になりそうです。とにかく豪華俳優陣の演技力やそれぞれの掛け合いに期待しています。

⇒ 動画はこちら