あなたのことはそれほどの涼太と美都のネタバレ

あなたのことはそれほど、

めっちゃどろどろなドラマですけど、かなり面白い!!と話題ですね。

この記事では、原作の美都と有島光軌の関係がどういう結末を迎えるのかについて書いています。

 

美都と光軌の関係について、最初から全部ネタバレしてますので、

物語の先の展開が気になる方は読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

「あなたのことはそれほど」の美都と光軌の再会までのあらすじ

美都には中学以来消息が分からない憧れの男性有島がいたのですが、ある日、美都は真面目で優しい涼太に結婚を申し込まれ、迷って占い師に見てもらうと「あなたは2番目に好きな人と結婚した方が幸せになれる」と言われ、現実の幸せを手にするために涼太と結婚した美都は、ある日有島と偶然再会してしまうのです。

 

「二番目に好きな人」と結婚したはずの主人公・美都がかつての憧れの同級生と再会し恋心が目覚めてしまう。それは思い通りの結婚をした後であっても止めることは出来なかったのです。そして出会って間もなく二人は本能のままに体を求めあう仲になってしまったのです。

「あなたのことはそれほど」の美都と光軌の最終的な関係は?

そして、美都と光軌は、後期の妻麗華が出産のために里帰りしている最中に不倫旅行に出掛けます。そしてそれからというもの、もう美都は光軌との情事の熱い記憶が頭から離れず、時を選ばず会いたいという気持ちを光軌にぶつけてきます。とうとう会えない不満が態度にも表れてきて、夫の涼太にも状況が掴めるようになります。

スポンサーリンク

子供が出来て一緒に居てやりたい光軌は、重く感じてきた美都との関係を清算したくなります。そんな気持ちを暗に伝えたつもりで「趣味を見つけたら」と美都に切り出しますが
それを素直に取った美都は陶芸教室に通い始まます。ところがそこには麗華と子供の姿がありました。
「有島さん似ですか?」「ええそうね」
二人の会話が続きません。

 

涼太と美都の結婚記念日であり美都の誕生日の夜、涼太は「みっちゃん。僕はこの先どうあろうと、今の君がどうあろうと君を愛する。大丈夫なんだ 君をずっと愛することが出来るよ。誓うよ」真剣に美都へ語り掛けます。

 

 

そして、光軌と麗華が公園で散歩をするのを待っていたかのように、偶然を装って二人に涼太は近づいて話しかけます。それだけで委縮している光軌に麗華も夫の不倫に気付き始めます。

 

涼太に威圧された光軌は、美都にこんどははっきり別れを切り出します。しかし美都は「別れる気なんかないわよ」と拒みます。「詐欺だな」返した光軌の言葉は心の中を素直に表していました。

スポンサーリンク

涼太の行動を知った美都は、涼太との同居に限界を感じ別居を決意します。
そして家を飛び出しますが、涼太から連絡を受けた香子からの電話で会うことに。

 

「私からしたらあんたも十分変態だわ 有島に大事にされているとでも思っているの」そう言われた美都は心の中で香子に「知らないくせに!動物で何が悪い!未来がなくて何が悪い!」と叫ぶのでした。

 

 

仕事で麗華の実家から帰る光軌の車に麗華が残るはずの麗華が急に助手席に乗り込んで、「わたし、今好きなことしていいって言われたらあなたを一人にしないわ」と暗示めいたことを言って車から降りたのです。光軌に牽制球を投げたのでした。

 

 

予想通り美都に呼び出されて光軌はホテルに入ったものの、「今日はできない」と美都を家に返る様に説得するが、「じゃあ最後にやろう」と甘えられて簡単に陥落してしまう。

 

涼太も香子から話を聞いて、ワインをぶちまけてうっぷんを晴らしますが、収まらず美都の実家へ行って帰ろうと美都に何度も言いますが、美都から帰って来る言葉は「離婚してください」だけです。

 

ちなみに、あの日の光軌の裏切りを知った麗華は光軌との別れを決意して家を出ます。
ここまでが、原作も4巻までのあらすじです。まだ結末を迎えたわけではありませんので最終的に美都と光軌がどのような関係になるのか分かりません。

まとめ

原作にも通常はドラマでも語られない要素として性(セックス)の魅力というテーマがあると思います。男女が惹かれ合う要因として身体の関係は間違いなく一番だと何故挙げられないのでしょうか?

 

だからこそ嫉妬と疑惑のあげく悲しい悲惨な結末が繰り返されるのです。このドラマはそこを妥協できないというか?自分の身体の関係の実力を認知出来ずに遊ばれて捨てられてゆく人妻の、すべてを失い転落してゆく姿を描いた悲しくも残念な物語です。

 

原作では夫の涼太を優しすぎるくらいの良い人に描いていますが、結局は妻の美都を身体の関係で満足させることが出来ないダメ男だということをドラマでは視聴者にも理解できるくらいに残酷に描いて欲しいと思いますね。それがこの世の真実なのだから。

⇒ 見逃し配信はこちらでずっと見れます

 

スポンサーリンク